えぇトコ

2019年11月16日 (土)

あの山こえて古都へゆこう ~暗越奈良街道~

eetoko_191116_2S.jpg

今回の街道の旅は、大阪と古都・奈良とを最短で結ぶ道、暗越(くらがりごえ)奈良街道。奈良時代に出来た道で、シルクロードの一部でもあった。旅するのは、令和の弥次・喜多コンビ、俳優・加藤雅也と女優・濱田マリ。エネルギッシュな商いの都・大阪から、まほろばの里、古都・奈良までの珍道中。

 

                                        

旅した場所♪

eetoko_191116tizu.jpg                       

 

①お祭り用品店

eetoko_191116_2S1.jpg

旅の出発地点にほど近い、大阪・東成区にある、祭り用品店。「肥満」とのサイズ表記もあるユニークな祭り衣装や、進化する祭りグッズに見を包み、伝統を守るだけでなく、現代社会に受け入れられる祭り用品を作る店主の心意気に触れる。

【番組で紹介したお店】

中山義商店

住所:大阪府大阪市東成区深江南2-19-17

電話:06-6971-7329

営業時間:8:00〜19:00  定休日:日・祝日

                                                                                                                  

②たこぼんで国際交流

eetoko_191116takosen.jpg

ラグビーの聖地、花園ラグビー場の脇にあるお好み焼き店。実はこの店、世界中にファンがいるワールドワイドなお店。店主が考案した名物「たこぼん」目当てに、かのラグビー・ニュージーランド代表、オールブラックスの一員も訪れるという。下町のおばちゃんが進める国際交流を味わう。

【番組で紹介したお店】

春美

住所:大阪府東大阪市吉田3-14-50

電話:0729-62-7474

営業時間:11:30〜19:00  定休日:不定休

                          

                                

③激坂

eetoko_191116saka.jpg

最大傾斜35度にもなるという急坂の難所、暗峠(くらがりごえ)。奈良時代より、万葉歌人や外国の使節や僧侶たちが通ったと言われ、かの松尾芭蕉も句を詠んだ。今はハイカーやサイクリストたちで賑わう。

 

                                                            

④森の中の不思議なパン店

gogonama_191116pan.jpg

暗峠を越え、緩やかに続く坂道を下ると、森の中に一軒のパン店が。しかしこのパン店、パンがひとつずつ鎮座するという不思議な店。そこで目にするのは驚きの仕掛け。また、そのパンは丁寧に石窯で焼かれ、街道沿いの実りの秋が詰まっていた。旅人、加藤雅也と濱田マリは、その絶品パンを味わう。

【番組で紹介したお店】

パン308

住所:奈良県大和郡山市矢田町1922-1

電話:090-9696-5021

営業時間:11:00〜売り切れ次第終了  定休日:月〜金

*土・日のみ営業(3連休の場合は休み)

                                     

                 

 

⑤モジャモジャハウス

eetoko_191116hausu.jpg

まほろばの里で、かつての都、奈良にはのどかな風景が広がる。その街道沿いに味わい深い、蔦で覆われた家を発見。そこは10年前に亡くなった地元の画家が使っていたアトリエ。今も妻がアトリエと作品を守り続けていた。そして、その妻は、加藤雅也の幼稚園時代の恩師だったことが判明。夫婦の愛を感じ、奇跡の出会いに驚く2人。

一般開放はしておりません。

 

 

⑥旅のゴール

eetoko_191116go-ru.jpg

今回の旅のゴールは、奈良時代に中国からやってきた高僧、鑑真が建立した唐招提寺。ふたりは街道沿いで出会った大阪と奈良の人々に思いを馳せる。

【番組で紹介した寺】

唐招提寺

住所:奈良県奈良市五条町13-46

電話:0742-33-7900

開館時間:8:30〜16:30  定休日:不定休

                  

         

「えぇトコ」番組ホームページはちら

次回の放送もお楽しみに!

えぇトコ

もっと見る