えぇトコ

2019年11月23日 (土)

奇跡の里山!幸せの丸い実り ~兵庫・丹波篠山~

eetoko_191123_2S1.jpg

今回のえぇトコは兵庫県丹波篠山市が旅の舞台。

秋の丹波篠山は、ウマイもんが集まったまさに楽園です。

丹波黒枝豆に丹波栗、山の芋まで!この地で伝統の宝を作り続ける人たちは口をそろえて「ここだけしかない、ここが日本一」と言います。

丹波篠山の自慢の味に旅人も思わずビックリ!今だけしか味わえない、誇り高き丹波篠山の秋を食べつくす旅のはじまりです!

旅人:中山秀征さん & 鈴木奈々さん

                                        

旅した場所♪

eetoko_191123tizu.jpg                       

 

①丹波黒枝豆

eetoko_191123kuroedamame.jpg

かつて宿場町として栄えていた福住地区の近くで、丹波黒枝豆を収穫しているご夫婦に出会いました。粒が詰まった立派な丹波黒枝豆。熟成するとあの、おせち料理に欠かせない最高級の丹波黒豆になるのです!丹波黒枝豆の収穫は毎年わずか2週間、まさに幻の枝豆です。

元気なご夫婦は「ここの黒枝豆は日本一や!」と胸を張って言います。旅人に、とれたての丹波黒枝豆を塩ゆでしていただけることに!ゆでる前に枝豆の両端をハサミで切ってゆでるのがご夫婦流。そうすることで、お湯が十分に行き届き、おいしくゆであがるんだそう。ツヤがあり、甘味が強く、他の地では味わえない珠玉の逸品です。さらに丹波黒枝豆をぜいたくに使った豆ごはんまで!

子供のころから80年おいしい作物を作り続けてきたというお父さんから、息子さんやお孫さんまでが後を継ぎ、家族みんなでどこにも負けない丹波黒枝豆を作り続けています。

                                                                                            

②丹波栗

eetoko_191123tanbaguri.jpg

丹波篠山の秋の代表格の1つでもある、丹波栗。

のどかな風景が広がる地で、栗拾いをしているご夫婦に出会い、お手伝いすることに。自然に落ちた栗が食べごろだと言います。両足で踏んでいがを広げ、中にある栗の実をとります。一度やりはじめたら夢中になってしまう、秋だけにしかできないひそかなイベントです。拾いたての栗をご夫婦の自宅の前で焼き栗にして食べさせてもらいました。丹波栗の本来の味をそのまま味わうことができ、あまりのおいしさに旅人も大興奮!この地の人たちは、豊かな恵みをもたらしてくれる秋がくるのが楽しみで仕方がないと言います。丹波篠山の秋は人々を笑顔にしてくれます。


                                          

③河原町散策

eetoko_191123kuromamepan.jpg

丹波篠山の中心にある城下町。風情のある街並みが江戸時代のにぎわいを今に伝えます。ここにも丹波篠山ならではの名物が盛りだくさん!丹波栗を使用した餡で餅を包んだ栗餅に、黒豆をなんと9時間ほどじっくり煮込み、生地にぎっしり詰め込んだ黒豆パンまで。

丹波篠山の街を少し歩くだけでも十分、秋のおいしさに出会えます。

【③-A 番組で紹介した「栗餅」のお店】

あ久さや(あくさや)

住所:〒669-2342 兵庫県丹波篠山市西町7

電話:079-552-0093

営業時間:8:00~17:00  定休日:なし

 

【③-B 番組で紹介したパン屋】

小西のパン

住所:〒669-2336 兵庫県丹波篠山市魚屋町23

電話:079-552-0052

営業時間:8:30~売り切れ次第終了

定休日:火曜日

                        

【③-C 番組で紹介した神社】

王地山まけきらい稲荷

住所:〒669-2325 兵庫県丹波篠山市河原町92

電話:079-552-0655

                                                            

④ぼたん鍋

eetoko_191123botannabe.jpg

丹波篠山の名物といえば、ぼたん鍋。山あいの里へ足を運んだ旅人2人はイノシシにパンをやっているお母さんと出会いました。

お母さんは猟師さんがとった地元・丹波篠山のイノシシだけを扱い伝統の味をふるまっています。これからの季節、山でエサを食べ、脂がのったイノシシは格別においしいと言います。さらに鍋に入れる野菜も丹波篠山の地でとれたものばかり。こだわり抜いたぼたん鍋。シメは、半熟たまごをのせてぼたん鍋のダシをかけていただく、半熟たまごかけごはん。丹波篠山の山の実りを食べておいしく育つイノシシ。豊かな命を授けてくれる山に感謝です。

【番組で紹介したお店】

奥栄(おくえい)

住所:〒669-2369 兵庫県丹波篠山市藤岡奥492-5

電話:079-552-4441

営業時間:11:00~21:00(ラストオーダー19:00)※要予約

定休日:不定休/年末年始(12/31~1/3)

    

                                 

⑤天内芋(あもちいも)

eetoko_191123amotiimo.jpg

丹波篠山市の北西部に位置する天内。この地でしかいただけない宝物に出会いました。地元の人たちが秋の収穫祭として掘っていたのは「天内芋」というサトイモ。天内でしかとれないという天内芋は、一般的なサトイモに比べてねばりがありモチっとした食感があると言います。

そしてもう一つ、昔からこの地の人たちが、お祝い事などがあるたびに食べ続けてきた郷土料理「とふめし」です。ゴボウやニンジンなどの野菜に木綿豆腐をゆでてつぶして入れた混ぜごはん。ほかにも、元気なお母さんたちが、彩りあふれる伝統の味を旅人にふるまってくださいました。ここが日本一。地元を愛し、まごころ込めて作る料理の数々は、丹波篠山の実りが詰まった最高級のごちそうです。

        

                                                      

「えぇトコ」番組ホームページはちら

次回の放送もお楽しみに!

えぇトコ

もっと見る