えぇトコ

2019年11月06日 (水)

意外や意外!知らんかった大阪 ~大阪・岬町~

eetoko_191106_2S.jpg

今回のえぇトコは、大阪府の一番南に位置する岬町が旅の舞台。

都会のイメージが強い大阪ですが、一歩足を踏み入れると、豊かな海の幸や山の幸にたくさん出会えます。

秋の岬町には、知らんかった驚きのウマイもんがいっぱい!新たな発見を求め、秋の宝を探す旅のはじまりです。

旅人:杉浦太陽さん & つるの剛士さん

                                        

旅した場所♪

eetoko_191106tizu.jpg                       

 

①ハモ

eetoko_191106hamo.jpg

およそ80隻の漁船が並ぶ淡輪漁港。そこで、ハモの水揚げをしている最中のご兄弟漁師に出会いました。ハモは夏のイメージがありますが、実は秋のハモは脂がのっていて、味も濃厚で格別においしいんだそうです!岬町では、ハモは泉州のタマネギと一緒に煮たお鍋でいただくのが定番の食べ方だそう。料理名人の漁師さんに骨切りしてもらい、港でいただきました。タマネギの甘みとハモのうまみが凝縮された、とっておきのお鍋です。

さらに、淡輪の港でオシャレなカフェを発見。民家を改築して作ったというお店を切り盛りするお母さんは、港で忙しく働く漁師さんに疲れを癒やしてほしいとの思いから、店をはじめたと言います。豊かな海と明るく元気な淡輪の人たちからパワーをもらいました。

【番組で紹介した喫茶店】

船守(ふなもり)

住所:〒599-0301 大阪府泉南郡岬町淡輪4598

電話:090-2011-9501

営業時間:8:30~10:00(モーニング)/11:00~14:00(ランチ)/

14:00~21:30(カラオケ・ディナー)※ディナーは事前に要予約

定休日:木曜日・日曜日

                                                                                            

②泉だこ

eetoko_191106izumidako.jpg大阪最南端の漁港、小島で出会ったベテラン漁師の山原さん。泉州でとれたタコは、「泉だこ」と言って、あの明石のタコにも負けないくらいおいしいと山原さんは言います。水深が深い小島の海で育つ泉だこは色が白く、泥汚れもないため塩もみをせず調理できるんだとか。山原さんの妻の瞳さんが泉だこを使った、とっておきの料理をたくさん作ってくれました。さらに、「押し寿司」という、岬町の故郷料理までふるまってくださいました。小島の海を誰よりも愛する山原さんに、たくさんの若き漁師さんたちがついていきたいと日々、働いています。ほかの港よりも負けないくらい活気のある小島はおいしい魚と人々の笑顔があふれています。

【番組で紹介した海釣り公園】

とっとパーク小島

住所:〒599-0314 大阪府泉南郡岬町多奈川小島455-1

電話:072-447-5126

営業時間:3月~11月6:00~20:00/12月~2月7:00~18:00

定休日:金曜日(※祝日は除く)・年末年始(12/31・1/1・1/2)

料金:大人1500円/小中学生750円(※午後3時以降、大人1000円/小中学生500円)


                                          

③イノシシ

eetoko_191106inosisi.jpg岬町の自慢は海だけではありません。一歩山へ入ると、緑豊かな田園風景が目の前に広がります。そんな地では、大阪では珍しいという専業の猟師さんに出会いました。実際に、前日にとったイノシシを見せてもらいました。その迫力に旅人もビックリ!岬町の山で代々獲物を仕留めてきた猟師さん。すべての肉をムダにせず、命に感謝し暮らしてきたと言います。猟師さんが余すことなくさばいたイノシシのお肉をありがたくいただきました。まったく臭みがなく、肉のうまみが存分に味わえます。意外な山の幸に、顔がほころぶ岬町の恵みです。

 

                                                            

④泉アジ

eetoko_191106izumiazi.jpgゆったりとした時が流れる深日漁港。そこで出会った漁師の南さんは、秋が旬の「泉アジ」をとりに向かう準備をされていました。釣り好きの旅人2人は、泉アジ釣りに連れて行ってもらうことに!南さんの泉アジの釣り方は、竿を使わない手釣りです。いけすの上に張った糸に針をかけ、手で触れずに外します。魚体を傷めず、新鮮なまま泉アジをとる南さんのこだわりです。そんな自慢の泉アジを南さんが営むお店でいただきました。南さんの妻の泉さんが作ってくれたのは、泉アジの姿づくりに、アジフライ、さらに焼きたての泉アジを三杯酢に漬ける時の音から名がついたという「泉アジのジュッ」。決して手を抜かない、愛情いっぱいの料理にお腹も心も満たされました。

【番組で紹介したお店】

南勝(なんかつ)

住所:〒599-0303 大阪府泉南郡岬町深日2917

電話:090-4302-3754

営業時間:10:00~18:00(※天候により1時間ほど前後する可能性あり)

定休日:火曜日

※当店で「泉アジ」が食べられるかに関しては、記載している上記の電話番号にて直接お問合せください。

                                     

                                            

「えぇトコ」番組ホームページはちら

次回の放送もお楽しみに!

えぇトコ

もっと見る