えぇトコ

2019年05月17日 (金)

太陽のしずく!あふれる笑顔 ~香川・小豆島~

eetoko_190517_2S.jpg

今回の舞台は関西を飛び出し香川の小豆島へ。旅するのは、渡辺正行さんとアグネス・チャンさん!実は2人は同い年!瀬戸内の恵みに抱かれ、朗らかに暮らす人と出会います。大人も子供も夢中になるマテ貝とり。瀬戸の花嫁たちが暮らす島。木桶がつなぐ400年の伝統。取れたてピチピチ瀬戸内の幸。心地よい風が吹き渡り、笑顔があふれる宝の島を満喫する春の旅です。

旅人:アグネス・チャンさん & 渡辺正行さん

                                          

旅した場所♪

eetoko_190517tizu.jpg                         

 

 ①マテ貝

eetoko_190517mategai.jpg

穏やかな波と遠浅の海岸が広がる土庄町淵崎。潮が引いた砂浜で出会ったのは、潮干狩り中の地元のお母さん達。とっていたのは二枚貝の仲間「マテ貝」。マテ貝をとる光景は島の春の風物詩です。素敵な笑顔のお母さん達がマテ貝のとり方を教えてくれました。砂浜に小さく開いた穴に塩を入れ、しばらくするとマテ貝が穴から顔を出してきます。マテ貝が隙を見せるまで待って、チャンスが来たら一気に引き抜きます。「待て、待て」の掛け声とお母さん達の笑い声が磯に響き渡っていました。

 

                               

②沖之島

eetoko_190517okinosima.jpg

沖之島は小豆島の対岸にある約20数世帯が暮らす小さな島。渡船に乗り、約3分で行けます。島に嫁ぐ女性は花嫁衣装に身を包み、渡船で島に渡るのが習わし、その風景は歌謡曲「瀬戸の花嫁」のモデルになったと言われています。そんな島に住む瀬戸の花嫁の皆さんが、旬の魚料理をふるまってくださいました。中でも特におすすめなのが、ハモをすり身にして揚げたカツを挟んだ「沖之島バーガー」。他にも、近海で獲れた「イギスソウ」や「サワラ」など豊かな島の恵みが続々。多くの恵みに溢れ人々が笑顔になる島での素敵な出会いでした。

                                          

 

③醤油(しょうゆ)

eetoko_190517syouyu.jpg

小豆島は400年の歴史を持つ醤油(しょうゆ)作りが盛んな地。今では少なくなった木桶仕込みの製法が受け継がれています。蔵ごとに味が違うという小豆島の醤油。味の違いを左右するのが木桶に付着した微生物だと言います。おいしい醤油をつくるためには、微生物が付着するまで待たなければいけません。今日の醤油をつくっているのも150年前の木桶だと言います。小豆島の醤油屋たちは伝統的な製法を後世に受け継ぐために日々語り合っています。

【番組で紹介した醤油屋】

ヤマロク醤油

住所:〒761-4411 香川県小豆郡小豆島町安田甲1607

電話:0879-82-0666

営業時間:9:00〜17:00 定休日:年中無休

                                                 

                                                                   

④佃煮

eetoko_190517tukudani.jpg

醤油が作る島の名物があります。それは佃煮。昔からの直火炊きで作る佃煮屋さんと出会いました。木桶でつくられた醤油が素材の味により一層の深みを加えるといいます。炊きたてのご飯と一緒に食べてみてください。きっとご飯がすすむことでしょう!

【番組で紹介した佃煮屋】

小豆島食品

住所:〒761-4432 香川県小豆郡小豆島町草壁本町491-1

電話:0879-82-0627

営業時間:8:00~17:00

定休日:日曜、祝日、第2,4土曜、1月〜3月は土曜(GW休、盆時期休、12月29日〜翌1月4日)

 

 

⑤うどん

eetoko_190517udon.jpg

小豆島の数ある名物の一つ、そうめん。そんなそうめんと並ぶ、島の気候が生む自慢が讃岐うどんです。家族で営むうどんの製麺所におじゃましました。ここでは器などを用意すれば、その場でうどん玉を分けていただけます。島の醤油をかければ、ここでしか食べられない最高のセルフうどんができあがります。

【番組で紹介した「うどん」お店】

小西製麺所

住所:〒761-4301 香川県小豆郡小豆島町池田886-3

電話:0879-75-0315

営業時間:7:00〜18:00 定休日:毎週月曜日

 

 

⑥コウイカ

eetoko_190517kouika.jpg

波穏やかな橘の港。そこで出会った漁師のお父さんが自宅に招いてくれました。漁師の島のごちそうは、近海でとれたタイやサバ、タコにコウイカ。お宅に向かう道中、この時期しかとれない山椒の若葉、木の芽をみつけました。とれたての木の芽でつくった木の芽味噌を、茹でたコウイカとタケノコに和えていただきました。この時期、この場所でしか食べられない島の味を堪能しました。

 

                                    

「えぇトコ」番組ホームページはこちら

次回の放送は5月24日(金)夜8:00~です。お楽しみに!!

えぇトコ

もっと見る