えぇトコ

2019年04月19日 (金)

悠久の輝き! まほろばの宝 ~奈良(明日香・桜井) ~

eetoko_190419_2S.jpg

古の香り漂う奈良・飛鳥。そんな飛鳥を旅するのは、明日香村に思い出がある藤岡弘、さんとその藤岡さんを師と仰ぐ原田龍二さんのお二人。今もなお、輝き続けるまほろばの宝を巡り、旅します。大地の宝、飛鳥米。先人の知恵と秘密が眠る古墳。1300年前から変わらぬ伝統刀鍛冶。日本の文化をいくつも生んできた飛鳥へいざ、男二人で旅に出ます!

旅人:藤岡弘、さん & 原田龍二さん

                     

 旅した場所♪

eetoko_190419tizu.jpg

     

 ①大地の宝

eetoko_190419itigo.jpg

広大な果樹園が広がるのどかな山里、平田。そんな地で出会ったのは、ミカンの選定をおこなっていたお父さん。今が旬のキンカンを食べさせていただきます。さらに、お父さんの知り合いが営むイチゴ農園にも連れて行っていただきました。そこでいただいたイチゴ「あすかルビー」は糖度が高く果汁も多いため、男二人の手はもう止まりません。自慢のお米があるということでお家へ招待してくださいました。大地の宝、飛鳥米。さらに郷土料理である飛鳥汁まで!天ぷらもお漬物も、材料まですべて手作りだというのだから驚きです。万葉の世から変わらぬ健やかな暮らしが、今も飛鳥には残っているのだと知りました。

                             

②さらら

eetoko_190419tukusi.jpg

疫病などから村人を守ってくれるといわれている「女綱」が奥飛鳥の栢森の集落にかけられています。その川辺でつくし狩りをしているお父さんと出会いました。この村で料理店を営んでいるということで、採れたてのつくしを食べさせてもらうことに。奥飛鳥の良さを多くの人に知ってほしいと、自分たちで育てた作物にこだわっているのだそう。その中でも「割り干し大根」は雪深いこの地ならではの保存食です。自然の実りを無駄にせず最後までいただくという村人のすごい知恵がここにありました。

【番組で紹介したお店】

奥明日香さらら

住所:〒634-0124 奈良県高市郡明日香村栢森137

電話:0744-54-5005

営業時間:11:00~16:00 さらら膳は要予約(前日まで)

定休日:月~水曜日、8月1日~8月末/12月21日~翌2月末

                                          

 

③長谷寺

eetoko_190419hasedera.jpg

1300年もの長きにわたり、人々に救いの手を差し伸べてきた長谷寺。本堂で行われる勤行は、1000年以上絶え間なく続けられてきました。先祖を敬うこと、精進すること、古の人が大切にしてきた心を思い出させてくれます。住職のはからいで、普段は入ることのできない観音様の足元へ案内していただくことに。より多くの人の声を聞き、救いを与えて下さるために11の顔をもつ十一面観音菩薩立像。古より続く祈りの姿は今も変わることはありません。

【番組で紹介したお寺】

総本山 長谷寺

住所:〒633-0112 奈良県桜井市初瀬731-1

電話:0744-47-7001

入山時間:8:30〜17:00(4月〜9月)/9:00〜17:00(10月〜11月、3月)/9:00〜16:30(12月〜2月)

平成31年特別拝観日程 春季3/1(金)~6/30(日)  秋季10/12(土)~12/1(日)

 

                                                              

 

④日本刀

eetoko_190419nihonntou.jpg

桜井の三輪山から春日山まで続く日本最古といわれる道、山の辺の道。そんな山の辺の道の一角にたたずむ道場、中を拝見させていただくと、なんと日本刀を作っていました。日本刀の元となる玉鋼を真っ赤に燃え上がる炉で熱し、槌でそれを鍛えることで切れ味鋭い刀を作り出すのです。藤岡さん、原田さんも玉鋼打ちに挑戦!天皇とゆかりの深いこの地で、皇室の守り刀や横鋼の土俵いりに使う太刀も手がけ、絶えることなく、800年続く月山、その伝統がこの場所に詰まっています。日本の心を鍛え続けてきた月山の槌音がまほろばの里に響きます。

【番組で紹介した道場】

月山日本刀鍛錬道場

住所:〒633-0073 奈良県桜井市大字茅原228-8

電話:0744-42-3230

開館日:3月〜11月(8月は休館)の土曜日のみ

開館時間:10:00〜16:00

 

⑤べっ甲

eetoko_190419bekkou.jpg

民家に掲げられた「べっ甲細工」の文字。1300年以上の歴史を持つ、べっ甲細工はかんざしや茶杓をはじめ、様々な装飾品を作り出します。現代の名工にも選ばれているお父さんに作業工程を見せてもらうことに。材料となるタイマイの甲羅は非常に薄く、そのままの状態では加工することができません。熱を加えながら水で温度を微調整して、細工ができる厚みへと加工します。貼り合わせたべっ甲に模様を掘る作業は、1ミリでも手元がくるえば台無しになってしまう繊細な作業です。天然の色と神業が生む究極の逸品です。

【番組で紹介したお店】

池田工房

住所:〒633-0073 奈良県桜井市茅原168

電話:0744-43-4734

営業時間:10:00〜17:00

 

 

⑥三輪そうめん

eetoko_190419miwasoumen.jpg

日本のそうめんの発祥といわれている三輪そうめん。1200年もの歴史を誇り、今もなお、伝統の味を守り続ける家族のもとを訪れました。わずか0.6ミリの細さまでそうめんを手で伸ばす繊細な「箸入れ」という作業、藤岡さん、原田さんも挑戦してみることに。そうめんがちぎれないように慎重に作業をします。そして、自慢のそうめんをごちそうしていただくことに。細くてコシが強い麺に男二人の箸は止まりません。その気持ちのいい食べっぷりにうれしくなったお母さんは「バチ汁」も作ってくださいました。「バチ汁」とはそうめんを延ばす時に竿にかかってひしゃげた端の部分。いくらでも食べられる1200年の優しい味です。

【番組で紹介した製麺所】

手延べ三輪そうめん玉井製麺所

住所:〒633-0001 奈良県桜井市三輪214

電話:0744-43-2257

営業時間:9:00〜17:00 定休日:土日・祝日・年末年始

 

                                    

「えぇトコ」番組ホームページはこちら

次回の放送は4月26日(金)夜8:00~です。お楽しみに!!

えぇトコ

もっと見る