えぇトコ

2018年09月21日 (金)

幸はねる!イキイキ大冒険 ~和歌山・白浜~

eetoko_1809142S.jpg

関西のレジャースポット、和歌山県白浜を巡ります。白浜のシンボルといえば円月島に千畳敷、カワイイパンダなどなど!色んな楽しみ方ができるお出かけスポットです♪そんな白浜、実は秋のこの時期が一番ウマイもんであふれる季節なんだとか!白浜の海で獲れる超ウマイ地ダコ、カニ!幻のタイなど。さらに海だけでなく白浜の山側に流れる日置川でも天然アユや、たっぷりと脂を蓄えた極上の天然ウナギまで!海だけでなく川の恵みもてんこ盛り!大海原へ、清流へ。そこにはイキイキと人生を謳歌するたくさんの笑顔があります。命が弾ける南紀白浜。燃え立つ命の輝きに元気をもらう旅のはじまりです。

旅人:島田洋七さん & 松居直美さん

                                          

旅した場所♪

eetoko_180924sirahamatizu.jpg                          

 

 

①地ダコ・ワタリガニ

eetoko_180914kani.jpg

綱不知漁港という小さな漁港にやってきた旅人。そこで出会った漁師さんにタコ漁に連れていってもらいました。白浜の海で獲れるタコは、なんとあのイセエビを食べて成長するのだと言います。これはもう美味しいに違いありません!獲れた地ダコは豪快に丸ごと塩でゆがき、ブツ切りで食べるのがオススメ。弾力があり、かめばかむほどタコの旨味が溢れます。

さらに漁師さんの親戚の方に誘われてカニ漁にまで同行!青い体を持つワタリガニを狙います。見事ゲットすることができ漁師たちも大喜び!これも塩ゆでにして美味しくいただきました。さらにカニでとった出汁をそうめんにかけていただく漁師飯も堪能。旨味がたっぷりと溶けだした出汁は絶品!まだまだ暑いこの時期にもってこいの一品です。いくつになっても元気な漁師さんたちの生きる源は白浜の海だと言います。衰えを知らない輝く笑顔の漁師さんたちに出会いました。

                               

                               

②メイチダイ

eetoko_180914meitidai.jpg

続いて「袋漁港」にやってきた旅人。こちらも小さく、静かな漁港です。船出の準備をしている漁師さんに話を伺うと、滅多にお目にかかれないという幻の魚「メイチダイ」を獲りに行くのだそう。なんと大トロよりも高いと言われているんだとか!そんな今が旬の高級魚、メイチダイの漁に連れて行ってもらいました。ですがこの日は波が高く残念ながらメイチダイをゲットならず。なんとか一目でもメイチダイを見てみたい!という旅人を漁師さんが連れて行ってくれたのは、この日1匹だけメイチダイを仕入れたという、地元で人気のお寿司屋さん。

生簀で泳いでいるメイチダイを発見!お寿司屋の店主が特別にメイチダイをさばいてくださいました!さばくと透き通るほど綺麗な白身が。他の魚ではありえないほどのモチモチした食感なのだそう。お造りはもちろん、漁師さんオススメの食べ方はにぎり。さらにメイチダイのアラを使った「潮汁」。ウマイ魚はアラまで絶品。骨からの旨味と身からたっぷり染み出した脂で極上の汁に。旅人は大感激♫高級魚も獲れる白浜の海はたくさん魅力があり、そんな海に漁師さんも魅了されていると言います。メイチダイを狙うその姿はイキイキと輝いていました。

【番組で紹介した寿司屋】

幸鮨(こうずし)

住所:〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町1405-15

電話:0739-42-4027

営業時間:11:00~14:00/17:00~20:00 定休日:毎週火曜日(※8月は不定休)

                                           

                                     

③クルマエビ

eetoko_180921ebi.jpg

今度は海を離れて、川へと移動します。やって来たのは清流・日置川の河口です。なにやら池のようなものがいくつもあります。すると、いきなり水中から人が!池の掃除をしていたそうです。池の中にいたのは高級食材クルマエビ。お父さんはここでクルマエビの養殖をしているのだそうです。

海水と真水が混ざり合う日置川の河口は、エビのエサとなるプランクトンが豊富です。元々、仕事の関係でエビの養殖場を回っていたお父さんはこの場所に出会った瞬間、クルマエビの養殖をしようと決意したそうです。そんなお父さんが大切に育てたクルマエビを刺身でいただきます。プリッとした食感と、エビ本来の味が楽しめます。白浜の山、川、海。この場所に惚れ込んでいるというお父さんもクルマエビのようにピチピチ、イキイキしておられました!      

                                                                   

④天然ウナギ

eetoko_180921unagi2.jpg

日置川に沿って歩いていると橋の上でお着替え中のお父さんと遭遇。日置川で獲れるウナギが一番美味しいと豪語します。ちょうどウナギの仕掛けがしてあるとのことなので引き上げにいくことに。延縄で釣り上げるという今が旬、日置川の天然ウナギ。見事特大サイズが獲れました!お父さん曰く、背中の黒色が濃いのとお腹が黄色がかっているのが天然の証だそうです。

お父さんの友達がさばいてくれました。うなぎの臭みがまったくない身の白さに驚きを隠せません!さばいたウナギは脂を落とさないようフライパンで焼くのがお父さん流。醤油と酒、さらにニホンミツバチの蜂蜜が入った特製ダレでいただきました。肉厚で脂がたっぷり。とってもジューシー!日置川の天然ウナギはどこのウナギにも負けないとお父さんは言います。今の自分があるのは日置川のおかげ。日々、感謝の心を忘れません。日置川を愛し、恵みをいただき、共に生きる。自然を愛する光り輝く心に出会いました。

 

                                             

⑤アユ料理

eetoko_180921ayu.jpg

日置川のさらに上流へやってきた2人。日置川で獲れたアユを炭であぶっている最中のご夫婦と出会いました。アユのあぶりは昔から保存食として重宝されてきました。ご主人はほぼ毎朝、家の前の川でアユを獲ります。ご主人が獲ってきたアユを奥さんが美味しく調理するそうです。奥さんがたくさんのアユ料理をふるまってくれました。塩焼きをはじめ、アユを筒切りにした味噌汁、アユを丸ごとぜいたくに使ったアユごはんまで!どれもこれも食欲をそそります。ここに嫁いで50年という奥さんが作るアユの定番料理です。さらに、是非食べてほしいと持ってきてくれたのはアユのオリーブオイル漬け。小さいアユは今まで捨てられていましたが、それではもったいないと地元の方たちで作りあげられた新しいアユ料理です。スパゲッティに混ぜるときっと絶品です♪日置川の元気な幸を獲り、美味しくいただく。それこそが白浜の人たちがイキイキと生きる源となっています。

 【番組で紹介した「アユのオリーブオイル漬け」を購入できるお店】

場所:日置川町商工会アンテナショップ 道の駅 志原海岸 海来館

1階物産・土産物コーナー

※「あゆチョビ」という商品名で販売しております。

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町日置2039-73

電話:0739-52-4100

営業時間:9:00~17:00(夏季の場合18:00まで営業) 定休日:年中無休

※現在は天然のアユを使用したオリーブオイル漬けと養殖のアユを使用したオリーブオイル漬けがございます。

詳しくは上記のお電話にて直接お問い合わせ下さい。なお、品薄なため予約注文になる恐れがあります。

                                                 

                                                

                           

担当日記

旅の感想・・・・「白浜の漁師は酒がハンパなく強い」

今回の旅の行く先が白浜と決まって、その瞬間に思ったことは「アドベンチャーワールドと、とれとれ市場以外に何があんねん」でした。大阪に住んでいたら、誰でも一度は遊びに行ったことがある白浜なので、正直「どうやってええトコな感じを出すねん」って悩みました。でも実際、下見でいろんな漁師さんや観光協会の方に会うとそれが一変。突然お宅にお邪魔したにもかかわらず、快く取材にご協力いただいた、超高級魚メイチダイを釣る長野さん。初めて聞く名前の魚でしたが、「ホンマに美味いで!」と連呼。ハードル上げるなぁと思いながら食べてみると・・・

下見の日を撮影日と勘違いし、準備万端で待っていてくれた、天然うなぎを獲る森さん。「ありゃ、今日が撮影ちゃうんかい?」と優しい人柄で許していただきました。実際獲れたうなぎは、今まで見たものとは色、艶とも段違い。「これがうまくないわけがない!」というナレーションをよく書く自分ですが、そんなこと言わなくても、見ただけでわかるほど。実際食べた感想は・・・

そして冒頭で書いた、「酒の強さが半端ない」真鍋一族。綱不知という集落には、この真鍋姓の家が40件もあって、「白浜で真鍋さんを知らない人はいない」と、方々で聞きました。地ダコやワタリガニなどを獲っているいる漁師さんたちなんですが、その獲物の美味さはもちろん、衝撃的だったのがその強烈なキャラクター。初対面で「おい、ビール飲め」から始まり、撮影中に「おい、ビール飲むか?」。撮影後に「おい、タコ食いながらビール飲も」。ついに撮影最終日、こちらから「ビール飲みに行きましょうよ!」と誘ったら、「よっしゃ!」と一言。知り合いの居酒屋に連れって行ってもらいました。。着いてからの記憶は・・・・真鍋さんまた飲みに行きましょう!!

旅の記憶・・・「白浜はハンパなく二日酔いする街」。

担当:空口

                            

「えぇトコ」番組ホームページはこちら

次回もお楽しみに!

えぇトコ

もっと見る