えぇトコ

2017年11月22日 (水)

近江の絶品!愛情の郷土料理 ~滋賀 日野・信楽~

eetoko171125_02_oumigyuu.jpg

日野の小高い丘の上ですくすくと育つ近江牛。

ここの牛は一味違う!なんと近江米が入った餌を食べて育つというんです。

ご主人が愛情をたっぷりかけて育てる近江牛。

この地ならではのご馳走、近江牛の混ぜご飯が絶品とご主人に勧めていただき、そのお味は・・・!

   

   

eetoko171125_01_2S.jpg

今回の舞台は琵琶湖の東、滋賀県・日野町と信楽。

「ガチャコン鉄道」と呼ばれている近江鉄道や郷土野菜「日野菜」、信楽焼などの、ここだけのモノたちが一杯。

ルー大柴さんと遼河はるひさんが、故郷の宝を守り続ける人たちと出会う旅をします。

   

   

eetoko171125_04_hinona.jpg

日野の鎌掛という地方に伝わる伝統野菜、日野菜!

室町時代にこの地で見つかり、今日まで受け継がれてきました。

その日野菜はお漬け物にするのが一番おいしいのだとか!

それは赤と白の美しい色合いからさくら漬と呼ばれ愛されてきました。

今でもこの地域では各家庭で作られ、食べられているというさくら漬。ちらし寿司の上にのせても格別!

  

   

eetoko171125_03_konnyaku.jpg

 信楽の多羅尾。山間部のこの地方では昔からこんにゃくを作るためのこんにゃく芋が育てられてきました。

こんにゃく芋は食べられるようになるまで3年もかかるそうです。

多羅尾では、それぞれの家庭でこんにゃくを手作りしていました。

そんな多羅尾の中でも名人と呼ばれるご夫婦が作るこんにゃく。出来立てのアツアツをいただきます♪

   

番組では、日野・信楽の魅力をたっぷりとお伝えいたします♪

  

番組ホームページはこちら

     

11月25日放送 えぇトコ「ウマイ近江!土にまみれる感動王国 ~滋賀 日野・信楽~ 」より

つづく…さらに、おいしい情報は11月25日(土)更新のブログでご紹介!放送と一緒に、お楽しみください♪