えぇトコ

2017年07月25日 (火)

母ちゃんが支える郷土の宝 ~京都・宮津~

eetoko170729_03_kare-yaki.jpg 

 お客さんがひっきりなしの名物店で売られている「カレー焼」。もはや宮津のソウル・フードといっても過言ではありません!見た目は大判焼のようですが、中は野菜がたっぷり。皮も甘すぎず、夏にうれしいおやつです。

50年間、一人でこの店を切り盛りしてきたかたは、町のみんなのお母さんと慕われているんだとか。愛情たっぷりのカレー焼きです。

 

 

eetoko170729_01_2S.jpg

 今回の旅人は勝野洋さんと松居直美さん。舞台は日本三景の一つ、天橋立で有名な京都府は宮津です。

二人が出会うのは、豊かな海の幸や山の幸、汁気たっぷりのカレー焼きそばなど、郷土の恵みや名物料理の数々。そしてその傍にはいつも明るい母ちゃんの笑顔が。郷土の宝物を巡りながら、お母ちゃんたちのパワーにふれる旅です。

 

 

eetoko170729_02_torigai.jpg

 その名も“漁師”という海辺の町で獲れるトリガイ。普通のトリガイの4倍もの大きさになります。大きさの秘密はなんといっても栄養豊富な海。湾が閉ざされていてプランクトンが外海へ流れ出ることがないため、大きく育つのだとか・・・。肉厚で味も濃厚なこのトリガイ、料理にするといっそうおいしくなるそうです。二人が食べさせていただく刺身と煮つけ、お楽しみに!

 

eetoko170729_04_oirusa-din.jpg

地元の缶詰工場で作られる大人気商品、オイルサーディン。なんと100年以上も前から地元のお母さんたちが大切に作り続けてきました。小さな漁村から全国へ届けられてきた、郷土の誇りを感じる逸品です。頂くのはオイルサーディンのサラダと炊き込みご飯。お味のほうはもちろん・・・!?

 

魅力たっぷりの宮津の旅を、お茶の間でぜひご一緒に♪

 

 

お店情報等、詳しい情報ページはこちら

7月29日アンコール放送 えぇトコ 「母ちゃんが支える郷土の宝 ~京都・宮津~ 」(初回2016年7月2日)より

さらに、おいしい情報は7月29日(土)の放送をお楽しみください♪