関西地震ひとくちメモ

2016年01月18日 (月)

どこでおきるか

hitokuchimemo_nankai.png

南海トラフ付近でおきる地震は、日本列島をのせた岩盤=プレートと、太平洋から押し寄せる岩盤=プレートとの間でおきる大規模な地震です。震源域が、駿河湾から浜名湖にかけてのものを東海地震。浜名湖から潮岬にかけてのものを東南海地震。南海地震は潮岬から四国沖でおきるものですが、それぞれが別々に起きる場合と同時に起きる場合があります。
最大規模の巨大地震が起きるとマニチュード9.0と想定されています。
和歌山市や兵庫県の洲本市などでも震度7の揺れが想定され、紀伊半島沿岸や大阪湾にも津波が押し寄せると考えられています。

 


防災キャンペーン 地震ひとくちメモ

近い将来に発生すると指摘されている南海地震と東南海地震の2つの巨大地震に備えるための防災対策が関西でも進められています。

このページは、役立つ防災知識、防災の知恵、地震や津波の基礎知識を紹介しています。

防災キャンペーン 地震ひとくちメモ 

 


全国の気象情報

1日3回更新予定です

 

関西地震ひとくちメモ

もっと見る

阪神・淡路大震災24年

もっと見る

関西の防災関連

もっと見る

あの日を胸に

もっと見る

関西ホットライン『朝の防災コラム』

もっと見る

京の防災

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る