関西地震ひとくちメモ

2017年01月07日 (土)

実際に役立ったもの

hitokuchimemo_sonae.png

「コープこうべ」では阪神淡路大震災の被災者にアンケートを行い、実際に役立ったもの20をあげています。上位から(1)懐中電灯、(2)食料品、(3)ラップ、(4)ビニール袋、(5)小型ラジオ、(6)トイレットペーパー、(7)乾電池、(8)ウェットティッシュ、(9)作業用手袋、(10)小銭、さらに、(11)使い捨てカイロ、(12)カセットコンロ、(13)下着、(14)薬、(15)紙コップ、(16)飲料水、(17)アルミ箔、(18)紙皿、(19)生理用品、(20)帽子、の順でした。こうした身近なものを普段から買い置きしておけば、いざという時に役立ちます。

 


防災キャンペーン 地震ひとくちメモ

近い将来に発生すると指摘されている南海地震と東南海地震の2つの巨大地震に備えるための防災対策が関西でも進められています。

このページは、役立つ防災知識、防災の知恵、地震や津波の基礎知識を紹介しています。

防災キャンペーン 地震ひとくちメモ 

 


全国の気象情報

1日3回更新予定です

 

関西地震ひとくちメモ

もっと見る

関西の防災関連

もっと見る

あの日を胸に

もっと見る

関西ホットライン『朝の防災コラム』

もっと見る

京の防災

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る