〝番記者〟のつぶやき

2020年10月05日 (月)

虎番のつぶやき ~阪神・藤浪晋太郎投手 リリーフで新境地を開くか~

hanshin2001005_1.jpgプロ野球・阪神の26歳、藤浪晋太郎投手が新たな境地を切り開こうとしています。
チーム内で新型コロナウイルスの感染が相次いだため、9月26日から中継ぎで登板。好投を続けてチームの勝利に貢献しています。

 

【新型コロナ影響でリリーフへ】

hanshin2001005_2.jpg藤浪投手は、ことし7月に今シーズン初めて1軍に昇格。8月21日にはおよそ2年ぶりの勝利をあげました。しかし、その後は課題のコントロールに苦しみ、先発では1勝6敗と低迷。9月14日に2軍に降格しました。
ところが、藤浪投手が2軍で調整していた9月25日、チームに衝撃が走りました。選手、スタッフあわせて7人が新型コロナウイルスに感染して、濃厚接触者も含めて5人の中継ぎ投手が1軍を離脱する緊急事態に見舞われました。
藤浪投手は急きょ、1軍に昇格し、いきなり中継ぎを任されました

 

【8年目でプロ初ホールド】

hanshin2001005_3.jpgルーキーだった7年前以来の中継ぎ登板となった藤浪投手。9月26日の1試合目は、2イニングを投げて1失点で負け投手となりましたが、翌日は1回無失点と好投しました。
3試合連続のリリーフとなった9月29日は、これまでよりも緊迫した3点リードの8回に登板。先頭バッターにフォアボールを出しましたが、力のあるストレートを軸に後続を打ち取り、プロ8年目で初ホールドをマークしました。

<藤浪投手>
死ぬほど緊張しました。先発のときと違って、ほかの人の勝ちがかかった場面で投げることがこんなに緊張するとは思いませんでした。何とか無失点で抑えられてよかったです。

 

【“リミッター外れる”】

hanshin2001005_4.jpgこれをきっかけに藤浪投手はリリーフとして好投をみせます。
10月1日の中日戦では、2人目のバッターの2球目に投じたストレートは自己最速に並ぶ160キロ。スタンドから大きなどよめきが上がりました。この回投げた14球のうち、5球で160キロを計測。バッター3人で抑える完璧なリリーフでチームを勝利に導きました。

<藤浪投手>
160キロは全力を出す中でたまたま出ている。先発と中継ぎで自分の中で力の加減の差はないですけど、短いイニングの方がリミッターが外れる。意識はしてないが、自分の中で切り替わっていると思います。

 

【中継ぎを学びの場へ】

大阪桐蔭高校のエースとして甲子園で春夏連覇を果たし、ルーキーイヤーからは3年連続でふた桁勝利をあげた藤浪投手。しかし、ここ数年、コントロールに苦しみ、思いどおりにいかないピッチングが続いていました。
矢野監督は、中継ぎを「学びの場」として再起のきっかけをつかみとってほしいと期待します。

hanshin2001005_5.jpg

<矢野監督>
短いイニングでみんなの思いを背負う中継ぎはめちゃくちゃしんどい。だからこそ学ぶことは技術面もメンタル面もある。この経験を積み重ねて成長することで、新たな藤浪が出てきてくれるんじゃないかな。

hanshin2001005_6.jpg

<藤浪投手>
いい場面で投げさせてもらっているので自分のいい経験にしたいですし、チームの勝利にもつなげたい。

 

adachi_writer.jpg
(虎番記者:足立隆門)

 

ニュースほっと関西 ホームページ

関西 NEWS WEB

〝番記者〟のつぶやき

もっと見る

関西のスポーツ

もっと見る

プロ野球のニュース一覧

もっと見る

高校野球NEXT

もっと見る

東京五輪・パラのニュース一覧

もっと見る

大相撲のニュース一覧

もっと見る

サッカーのニュース一覧

もっと見る

ピョンチャン五輪のニュース一覧

もっと見る

フィギュアのニュース一覧

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る