〝番記者〟のつぶやき

2020年02月26日 (水)

虎番のつぶやき 阪神新戦力に注目!① ジョー・ガンケル投手

hanshin200226_1.jpg阪神の沖縄キャンプで注目を集める新外国人選手を紹介します
まずは、先発候補のジョー・ガンケル投手です。

 

■持ち味は「精密機械」のようなコントロール

「ガンケル投手は、精密機械のようなコントロールが持ち味です。」
入団会見の席上、阪神の谷本修球団本部長はガンケル投手の特徴について、誇らしげにこう話しました。ただ、大リーグでの実績はなく、どこまでのレベルなのだろうか。私を含めて、虎番の報道陣はその姿をはっきりとイメージできていませんでした。
しかし、沖縄キャンプでその実力をはっきり確認できました。
とにかくコントロールが良いのです
ブルペンでコースに丁寧に投げ分ける姿を見せたかと思えば、2月16日に行われた楽天との練習試合では先発して、2回を無失点。特に低めのコントロールが抜群で、6個のアウトのうち、ゴロでのアウトを4つとり、持ち味を存分に発揮しました。

hanshin200226_2.jpg

 

■オープン戦でも圧巻のピッチング

初のオープン戦登板となった2月23日の広島戦でも、圧巻のピッチングをみせました。ストレートは最速148キロ。変化球もコーナーに投げ分け、広島の主力相手に3回無失点と好投しました。バックネット裏で見ていた虎番の記者からは、その完成度の高さに驚きの声もあがるほどでした。
ガンケル投手は「自分に有利なカウントで、コースに投げ分けることができた。対戦を重ねると相手も慣れてくるので、しっかり対策していきたい」と冷静に振り返っていました。
今シーズン、阪神ではピッチャーと野手の外国人枠の争いが激しくなっています。
ガンケル投手、まずは安定したピッチングで首脳陣にアピール成功したと言えそうで、開幕ローテーション入りも現実味を帯びてきました。

 

kobayashi_writer2.jpg
(虎番記者:小林達記)

 

ニュースほっと関西 ホームページ

関西 NEWS WEB

〝番記者〟のつぶやき

もっと見る

関西のスポーツ

もっと見る

プロ野球のニュース一覧

もっと見る

高校野球NEXT

もっと見る

東京五輪・パラのニュース一覧

もっと見る

大相撲のニュース一覧

もっと見る

サッカーのニュース一覧

もっと見る

ピョンチャン五輪のニュース一覧

もっと見る

フィギュアのニュース一覧

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る