〝番記者〟のつぶやき

2019年04月08日 (月)

虎番のつぶやき 「メッセンジャー投手 日米通算100勝を達成」

◆チームを救った節目の勝利

開幕戦に勝利して勢いに乗るかと思われた阪神ですが、その後、4連敗を喫して、我慢の戦いが続きます。そんなチームを救ったのは、メッセンジャー投手の日米通算100勝目でした。

4月5日の広島戦で、メッセンジャー投手は6回2失点と粘りのピッチング。すると、7回にメッセンジャー投手に代わって出場した代打・中谷選手が逆転ツーランホームラン。3対2で競り勝ち、接戦をものにしました。勝利をたぐり寄せたメッセンジャー投手は、この試合で節目の日米通算100勝を達成しました。

hanshin190408_1.jpg

◆メッセンジャー投手がその先に見据える目標は

試合後は、ウイニングボールを手に喜びましたが、実はこの記録は、あくまで通過点。2月のキャンプから、見据えているある記録がありました。
キャンプで初ブルペンに臨んだメッセンジャー投手は、練習後、報道陣の取材に対してこんなことを話していました。

「日米通算100勝というのは、すばらしいことだとは思うが、自分の中では日本だけで100勝というのが1番大きなポイントだと思っている。バッキー投手のすごい記録を乗り越えるためにやっていきたい。」

 ◆バッキーを超えたい

バッキー投手と言えば、1960年代、阪神などで活躍し、沢村賞も獲得した名投手です。日本での通算勝利数はちょうど100勝。4月8日現在、96勝のメッセンジャー投手の近い目標になりそうです。阪神の浮上にもつながる数字だけに、1日も早い達成が期待されています。

 

kobayashi_writer2.jpg
(虎番記者:小林達記)

 


ニュースほっと関西 ホームページ

関西 NEWS WEB

〝番記者〟のつぶやき

もっと見る

関西のスポーツ

もっと見る

プロ野球のニュース一覧

もっと見る

高校野球NEXT

もっと見る

東京五輪・パラのニュース一覧

もっと見る

大相撲のニュース一覧

もっと見る

サッカーのニュース一覧

もっと見る

ピョンチャン五輪のニュース一覧

もっと見る

フィギュアのニュース一覧

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る