〝番記者〟のつぶやき

2019年04月08日 (月)

オリ番のつぶやき "長かった初勝利"

プロ野球が開幕してから1週間。
オリックスは2カードを戦って0勝4敗2引き分けと勝ち星がなかった。
4月3日のソフトバンク2回戦。

orix190408_1.jpg2年ぶりの先発となった3年目の山本由伸投手が8回途中までノーヒットノーランを続け、その後、ヒットは許したが9回無失点の快投を見せた。

orix190408_2.jpgしかし、チームは得点を奪えず引き分けに終わり、3回戦も完封負けを喫した。

なかなか勝てない嫌な空気を変えたいと、強い思いを持って楽天戦に臨んだのは、開幕投手を任された山岡泰輔投手だった。

orix190408_3.jpg

山岡泰輔投手:
チームが勝てていないので、その悔しさをぶつけたい。カードの頭なので、連勝中の相手の勢いを止めて流れを持ってきたい。

orix190408_4.jpg

山岡投手は、立ち上がりからストレートと変化球、ともにキレがあった。右バッターにはインコースギリギリにストレートを投げ込み、左バッターには効果的に変化球を使って、泳がせる場面も多かった。
4回にはノーアウトからランナーを出したが、巧みなけん制で一塁ランナーをアウトにして楽天打線に流れを渡さなかった。
山岡投手は結局、三塁を踏ませない圧巻のピッチングで8回無失点ことばどおりチームを初勝利に導いたのだった

orix190408_5.jpg

山岡泰輔投手:
前の登板からチームが勝っていないというのはあまりなかったので、なんとか止めたかった。チームが乗っていける試合展開にしたかったし、できたと思う。野手が打てないときこそ投手陣でカバーしないといけない。

そのことばには、投手陣の柱としての責任感がにじみ出ていた。

orix190408_6.jpg

西村徳文監督:
勝てていなかったが、元気よくやってくれていたので選手を信じていた。山岡投手が最高のピッチングをしてくれた。チームも一つ勝てば、今まで以上に明るくやっていける。ここから勝ち続けたい。

初勝利までの道のりは長かったが、シーズンは始まったばかり。ここから上昇気流に乗っていきたい。

kanazawa_writer.jpg
(オリ番記者:金沢隆大)

 

 

ニュースほっと関西 ホームページ

関西 NEWS WEB

〝番記者〟のつぶやき

もっと見る

関西のスポーツ

もっと見る

プロ野球のニュース一覧

もっと見る

高校野球NEXT

もっと見る

東京五輪・パラのニュース一覧

もっと見る

大相撲のニュース一覧

もっと見る

サッカーのニュース一覧

もっと見る

ピョンチャン五輪のニュース一覧

もっと見る

フィギュアのニュース一覧

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る