ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK沖縄放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK沖縄放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です
画像

きんくる 〜沖縄金曜クルーズ〜
シリーズ本土復帰50年 第4回 沖縄ソウルフード・ジャーニー

1月21日(金) メディアロゴ 午後7時30分〜/沖縄県域


Aランチ、すき焼き、沖縄そば、島豆腐…本土とも外国とも違う沖縄独特の料理は、 戦後のアメリカ統治下から復帰直後の状況を反映して生まれたものが多い。 多様な料理を出す飲食店は基地内で働いていた人びとが開業したところが多く、 基地に関わるさまざまな地域出身の人びとの注文から生み出されたメニューや店のたたずまいが歴史を刻む存在になっている。 食文化を軸にたどる半世紀はまさに復帰前後〜現在までの沖縄の生活史そのものなのだ。 一方で、沖縄独自の食文化の担い手が高齢化したり、コロナ禍で飲食店が逆境に追い込まれたりと復帰50年の節目は大きな転換点という面も持つ。 今こそ記録したい沖縄の食文化とその裏面史をめぐる「ソウルフード・ジャーニー」へ、ようこそ。


画像
画像
画像


(↑NHKサイトを離れます)



パソコン用の画像 スマートフォン用の画像
  
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
↑ ページの先頭へ