ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK沖縄放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK沖縄放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です
画像

沖縄 戦火の放送局
~手記に刻まれたメディアの実相~

11月11日(金) メディアロゴ 午後7時53分~/沖縄県域

(本放送 メディアロゴ 2022年8月28日)



「沖縄戦記」と書かれた2冊の手記。記したのは岩崎命吉。 1943年から敗戦に至るまで日本放送協会・沖縄放送局長だった。 日本軍に協力を呼びかけられ変容していく放送局。8人の職員が命を落とした。 岩崎は「人生における最大の苦難と試練とを与えられた沖縄戦」として、みずからを「馬鹿者」と自省していた。 放送局は戦争をどう伝え、どんな運命をたどったのか。今も戦争が続くこの時代、メディアの役割とは何なのか、照射する。

画像
画像
画像
画像


(↑NHKサイトを離れます)



パソコン用の画像 スマートフォン用の画像
  
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
↑ ページの先頭へ