ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK沖縄放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK沖縄放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

きんくる〜沖縄金曜クルーズ〜[ 総合 ] 月1回 金曜 午後7:30

きんくる〜沖縄金曜クルーズ〜

◆◆放送予定◆◆

2021年6月1日 (火)

午後7:30

きんくる

緊急報告 沖縄・感染急拡大をどう防ぐ

5月23日から緊急事態宣言の期間に入った沖縄県。その後も新型コロナウイルスの新規感染者は増え続けており、25日には過去最多の256人が確認された。県は、今後300人に近づく可能性もあるとしている。なぜ、感染は急拡大し、緊急事態宣言中も続いているのか。また、ワクチンはどの程度有効なのか。県立中部病院の山義浩医師をスタジオを招き、現状を分析するとともに、拡大を防ぐために何が必要か考える。

2021年5月15日 (土)

午前7:35(再放送)

きんくる

作家・大城立裕 〜沖縄を問い続けて〜(再)

10月、沖縄出身で初の芥川賞受賞作家・大城立裕さんが95歳で逝去した。大城さんの一貫したテーマは、「沖縄とは何か?」 を問うことだった。芥川賞受賞作品「カクテル・パーティー」では米国統治下の沖縄を描き、「小説 琉球処分」では沖縄と日本 本土の関係の原点に迫った。番組では、生前の大城さんへのインタビュー、関係者の証言、作品の朗読などを通じて、沖縄を 問い続けた大城立裕さんの人生を描く。朗読:津嘉山正種(俳優)

2021年5月14日 (金)

午後7:30【特番72分】

きんくる

シリーズ本土復帰50年「基地と政治」

沖縄が本土に復帰して来年で50年という節目を迎える 沖縄県。きんくるでは、1年間に渡ってさまざまなテーマ で沖縄を描くシリーズを放送していきます。第1回は、 「基地と政治」をテーマに放送を予定しています。沖縄の 基地返還を巡ってターニングポイントとなったできごとを 軸に、新たな資料や証言、NHK に保管されている過去の インタビューをもとに伝えます。

2021年4月9日 (金)

午後7:30

きんくる

好調キングス 徹底紹介!新ホームコート“沖縄アリーナ”

今シーズン、Bリーグ西地区で首位を走る琉球ゴールデンキングス。 4月から沖縄市に生まれた新たなホームコート「沖縄アリーナ」での戦いが始まる。 収容人数は県内最大の1万人。巨大なメガビジョンや4Dリプレイなど国内屈指の 設備が会場を盛り上げる。きんくるでは、オープン前日に沖縄アリーナの魅力を 紹介。さらに選手達の座談会を通してこれまでの戦いぶりを振り返る。 コート上では見られない選手達の意外な一面も明らかに!

2021年3月12日 (金)

午後7:30

きんくる

宮古・石垣 自衛隊“ミサイル部隊”配備は今

3月、宮古島に陸上自衛隊のミサイル部隊の弾薬庫が完成する予定だ。2019 年には 石垣島でもミサイル部隊が配備される駐屯地の建設が始まり、南西諸島の防衛強化が 進んでいる。一方、住民の中には、「十分な説明を受けていない」等と、配備に反対す る声もある。今、宮古島・石垣島でミサイル部隊の配備はどこまで進んでいるの か?住民は部隊の配備をどう受け止めているのか?自衛隊幹部や地域住民の声など から現状をリポートする。

2021年2月3日 (水)

午後8:15

きんくる

新型コロナウイルス“感染爆発”から沖縄を守れ

首都圏で感染が急拡大している新型コロナウイルス。沖縄県内でも予断を許さない状況が続いている。NHKでは、新型コロナ ウイルスの治療にあたる医療現場を徹底取材。急増する患者に対応する医療関係者、新型コロナのしわ寄せで病床が不足する 一般病棟、そして、感染の拡大を防ぐための新たな取り組み。新型コロナ治療の最前線でいま、何が起きているのか。沖縄の 医療現場を見つめる。

2020年12月11日 (金)

午後7:30

再放送
12月12日(土)
午前7:35
きんくる

作家・大城立裕 〜沖縄を問い続けて〜

10月、沖縄出身で初の芥川賞受賞作家・大城立裕さんが95歳で逝去した。大城さんの一貫したテーマは、「沖縄とは何か?」 を問うことだった。芥川賞受賞作品「カクテル・パーティー」では米国統治下の沖縄を描き、「小説 琉球処分」では沖縄と日本 本土の関係の原点に迫った。番組では、生前の大城さんへのインタビュー、関係者の証言、作品の朗読などを通じて、沖縄を 問い続けた大城立裕さんの人生を描く。朗読:津嘉山正種(俳優)

2020年11月13日 (金)

午後7:30

再放送
11月14日(土)
午前7:35
きんくる

75年目の告白〜住民たちの沖縄戦〜

住民12万人が命を落とした沖縄戦。1945年5月末、日本軍の総司令部があった首里が陥落、 事実上の勝敗が決した後にも関わらず、戦闘は継続。少なくとも住民4万6千人が命を落とした。 なぜ、これほど多くの住民が犠牲になったのか。 今回NHKは、アメリカ軍の新資料を発掘、苛烈な攻撃に住民が巻き込まれていった詳細が 浮かび上がってきた。 終わることなく続いた戦場で何がおきていたのか。多くの命が失われた1か月に迫る。

2020年10月30日 (金)

午後8:15

再放送
10月31日(土)
午前10:55
きんくる

首里城火災1年“再建”に琉球の魂を

県民に大きな衝撃を与えた首里城火災から1年。政府は、「2026年までに首里城正殿 を再建する」という工程表を決定。正殿跡で、龍柱の修復作業など、工事が進むほか、 首里城の壁の色など、“平成の復元”のときに積み残された“謎”の検討が進んでいる。 さらに、沖縄県は、部署横断で再建を後押しするため、首里城に特化して仕事をする 「特命推進課」を立ち上げ、資材調達など、再建に立ちはだかる壁に挑む。 着実に進む“首里城再建”。番組を通じ、最前線で奮闘する人たちを見つめる。

2020年9月11日 (金)

午後7:30

再放送
9月12日(土)
午前7:35
きんくる

新型コロナ“第2波” 見えてきた課題

「緊急事態宣言」を今月5日まで再延長した沖縄県。重症者数は依然高止まりしており、 楽観視できない状況が続いている。沖縄県対策本部や医療現場はどう対応したのか。また 、新型コロナウイルスの深刻な影響を受けてきた県内の企業は、どのように経済活動を再 開しようとしているのか。沖縄で感染が再拡大した新型コロナウイルス、見えてきた課題 を検証するとともに、経済活動の再開には何が必要か考える。

◇◇乗組員紹介◇◇

津波 信一

荒木 さくら

MEIRI

読み上げブラウザ用メニューに戻ります
↑ ページの先頭へ