NHK沖縄放送局では、もう二度と戦争を繰り返すことがないよう、
沖縄が体験した悲惨な沖縄戦の真実を語り継いでいくために様々な企画に取り組みました。

沖縄の戦70年語り継ぐ未来へ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

戦跡マップ

戦争孤児院(名護市)【放送日 H21.6.15】

名護市田井等地区に、沖縄戦で親と死別したり生き別れたりした子どもたちを収容する孤児院がありました。
孤児院として使われた住宅は昭和初期に建てられました。50坪の母家は、この地区で最も大きな住宅で、60人あまりの子どもたちが生活していました。
終戦後、親などに引き取られる子どもたちが相次ぎ、翌年の春に孤児院はその役割を終えました。
今でも、住宅にはかつての孤児院で育った人たちが、たびたび訪ねてきます。

【場所】
孤児院として使われていた名護市の住宅は、国道58号線の田井等交差点の近くです。羽地小学校を目指して交差点から市道に入リ、まっすぐ進むと、その先に「田井等」バス停があります。かつての孤児院は、このバス停の近くにある赤瓦の住宅です。

  • マップから探す
  • 戦跡と証言

NHKのサイトを離れます。