防災フレンズNo.1 松王夏樹さん

防災フレンズNo.1
松王夏樹さん(倉敷市真備町)

被災の経験から生まれた
手持ち運搬シート

西日本豪雨で被災、本当に大変だったのはゴミの片づけ。その備えを考えている方がどれだけいるでしょうか。経験者が伝えていく役割があると思っています。

防災フレンズNo.2 Keicoさん

防災フレンズNo.2
Keicoさん(高梁市)

断水時に活躍した
「ふろしき」

ペットボトルを買物包みで、水袋はリュック包みで運びました。とかく災害は気持ちを暗くしがち。少しでも上向きに過ごせる色、柄選びも大切な事と思います。

防災フレンズNo.3 山部節子さん

防災フレンズNo.3
山部節子さん

携帯電話用
ウエストポーチを自作

ポケットに入れても落ちやすく、カバンの中、テーブルの上にあっても役に立ちません。命を守るために、携帯・スマホは常に身につけて欲しいものです。

防災フレンズNo.4 ゆずさん

防災フレンズNo.4
ゆずさん

ブレーカー表示を
1階2階で色分け

西日本豪雨で、1階が浸水しブレーカーが停電。しかし、2階で数日間過ごすために電気は必要。ブレーカーを全て落とし、2階のブレーカーをあげると使えるようになりました。それからはブレーカー表示を1階2階で色分けし明確にしています。

防災フレンズNo.5 むっちゃんさん

防災フレンズNo.5
むっちゃんさん(倉敷市)

避難リュックや寝袋の
置き場の工夫

玄関と子ども部屋に近い場所に配置。外への避難時は持ち出しやすく、自宅避難では2階へ運びやすいです。親の不在時も子どもが安心できるようメッセージも添えています。

防災フレンズNo.5 むっちゃんさん

防災フレンズNo.5
むっちゃんさん(倉敷市)

わたしの
「0次避難グッズ」

外出時に災害にあう場合に備え、携帯トイレや災害時用ブランケット、非常食になるお菓子やホイッスルなどを常時持ち歩いています。

防災フレンズNo.6 倉敷南小学校 PTA防災減災クラブさん

防災フレンズNo.6
倉敷南小学校
PTA防災減災クラブ
さん(倉敷市)

防災を
夏休みの自由研究に!

PTA有志のメンバーで、ハザードマップでの自宅や避難場所を学べるキットを作り、学校と連携して子ども達に配布。理科の授業でも使ってもらいました。

防災フレンズNo.6 倉敷南小学校 PTA防災減災クラブさん

防災フレンズNo.6
倉敷南小学校
PTA防災減災クラブ
さん(倉敷市)

あの人気アニメで
防災を学ぼう!

子ども達が楽しみながら避難リュックの中身などを学べるよう、こんな道具を作りました。学校の廊下にも掲示してもらいました。

防災フレンズNo.7 まこみんさん

防災フレンズNo.7
まこみんさん(岡山市中区)

災害時に使える!
簡単混ぜるだけ
5分でできるお昼ご飯

【鯖缶とわかめの豆乳冷や汁】
ご飯300g/サバの水煮缶 (1缶・汁ごと)190g
無調整豆乳200ml/みそ大さじ1
白すりごま小さじ1/乾燥わかめ2g
水 (戻す用)/適量

防災フレンズNo.7 まこみんさん

防災フレンズNo.7
まこみんさん(岡山市中区)

親子で
防災の体験会

アルミのブランケットをお試し。9月は暑く、広げたら戻すのも大変でした。パッククッキングは、ケチって水を少なくすると、おいしくなく、練習が必要と感じました。

防災フレンズNo.8 あんちゃんさん

防災フレンズNo.8
あんちゃんさん(岡山市)

子どもの
ミニ0次避難グッズ

ランドセルや遊び用のリュック等よく使うカバンごとに、必要最低限の物をポーチにまとめました。個人情報もあるので、バッグの内側にピンでとめています。

防災フレンズNo.8 あんちゃんさん

防災フレンズNo.8
あんちゃんさん(岡山市)

メモアプリで
持ち出し袋を管理

袋の中身や使用期限が分からなくなるのを防ぐため、メモアプリを活用しています。写真つきで管理でき、期限もアラームが鳴るので、便利です。

防災フレンズNo.9 まこみんさん

防災フレンズNo.9
Mさん(倉敷市真備町)

押し入れに
持ち出しグッズを備蓄

水害の場合は車で避難する予定なのでこれを荷台に積んで移動するつもりです。地震の備えとしても水は大事なので、常時3ケースは備蓄しています。

防災フレンズNo.10 松田美津枝さん

防災フレンズNo.10
松田美津枝さん(倉敷市真備町)

ジーンズを
バッグinバッグにリメイク

大事な物を入れておくバッグinバッグをジーンズをリメイクして作りました。災害時はこれを避難準備のリュックサックに入れて避難します。

防災フレンズNo.11 くまちゃんさん

防災フレンズNo.11
くまちゃんさん(倉敷市真備町)

車での避難への備え

車での避難を想定し、ガソリンは早めに満タンに。また、車に、水、ブランケット、乾パン、飴、レインコートなど非常時に必要なものを積んでいます。

防災フレンズNo.11 くまちゃんさん

防災フレンズNo.11
くまちゃんさん(倉敷市真備町)

保冷ケースに
食料を入れて避難

パン、飲料、バナナ、飴などを常備、災害時は保冷ケースに入れて避難します。最近、魚肉ソーセージも加えました。ゴミが少なく簡単に食べられ、お裾分けできるからです。

防災フレンズNo.12 栗原隆宏さん

防災フレンズNo.12
栗原隆宏さん(岡山市)

柴犬のマリンとマコの訓練

一緒に避難所に行く事を想定し、指示でサークルに入ればオヤツがもらえるトレーニング。旅先で宿の部屋で待っていてもらうのが目的ですが、災害時も役立つかなと思います。

防災フレンズNo.13 石原桃さん

防災フレンズNo.13
石原桃さん(赤磐市)

いつも持ち歩くバッグ

3.11の地震の時、東京に住んでいました。いつも持ち歩くバッグには、ミニライトに笛・くすり手帳・アメ・クッキーなど入れるように。だからいつもバッグが重いのです。

防災フレンズNo.14 守屋貞男さん

防災フレンズNo.14
守屋貞男さん(倉敷市真備町)

西日本豪雨の体験から
思うこと

テレビでは繰り返し避難を呼びかけていたが、床上浸水程度と高をくくっていた。隣人から「排水ポンプを放棄して避難する」と電話をもらい、家族全員での避難を決めた。最悪の場合を想定しておくべきだった。

防災フレンズNo.15 パパパンダさん

防災フレンズNo.15
パパパンダさん

防水風呂敷

大型の風呂敷に防水スプレーをかけて作ります。雨の日の避難の際に荷物を雨から守れる他、避難所でも座布団としても重宝します。

防災フレンズNo.15 パパパンダさん

防災フレンズNo.15
パパパンダさん

雨の中の避難でも
スマホを守る

100円ショップで購入した、スマホが入るチャック式収納パック。防水の上に、袋の上からスマホが操作可能です。

防災フレンズNo.16 みみたんの母さん

防災フレンズNo.16
みみたんの母さん

家族全員揃えている
防災セット

非常持ち出し袋とライフジャケット、ソーラー手回しラジオ、スニーカータイプの作業靴(靴底強化)、ヘッドライトを固定したヘルメットを寝室に置いています。

防災フレンズNo.17 OKAYAMAお片づけチームmomoさん

防災フレンズNo.17
OKAYAMAお片づけチームmomoさん

「選べる0次避難グッズ」の展示・販売

防災について学び合うサークル仲間と、イベントに出店。ウォークスルー形式で防災について学んでもらい、防災グッズを販売しました。

防災フレンズNo.18 たいたんさん

防災フレンズNo.18
たいたんさん

無駄足でも避難を

私は避難するかしないか自主判断で動かなければならない時は「しなかった後悔より、した後の無駄足の方がいい」の考え方で避難するよう母親と意見を共有しています。2018年の豪雨の時は地元では災害発生はなく、避難したものの「無駄足」に終わりましたが、後日テレビで見た真備町の映像から「何もなかったけどああいうことになることもあると思うとやっぱり避難していてよかったなぁ」と感想を漏らしました。

防災フレンズNo.19 大本光代さん

防災フレンズNo.19
大本光代さん

わが家の防災の教え

私は、生後半年で床上浸水を、経験しました。祖母曰く、「水はすぐに増す。少しでも水が来たら、すぐに避難を」。また、川の側・低い土地・崖のそばには住まないこと。これが、我が家の言い伝えです。また父は、炊き出しご飯を握るのに素手では熱いので、綺麗な軍手を。今はビニールの手袋を、避難袋に入れておくのもアリかと思います。

防災フレンズNo.20 難波さん

防災フレンズNo.20
難波さん

阪神大震災での体験談

トラックで運送業を営んでいる私は、地震の翌日に西宮の避難所へと支援物資を届けました。最初の1ヶ月は、道路が他府県ナンバーで溢れ、自衛隊・消防救急・警察車両が大渋滞でした。私は知り合いに、「『被災地に行くには、公共の乗り物を使うか、出来るだけ1台に相乗りして欲しい』と周囲に伝えて欲しい。それだけで立派な支援になる」と訴えました。

防災フレンズNo.21 畑洋子さん

防災フレンズNo.21
畑洋子さん

ベッドの近くに防災グッズを

睡眠中の地震に備え、ヘルメット、靴、懐中電灯、尿とりパッド、リュックをベッド横に配置。普段から防災マップで避難所や経路を見て、歩いています。

防災フレンズNo.22 アタッターレ岡山さん

防災フレンズNo.22
アタッターレ岡山さん

生理に備えて

女性は生理があるので、ナプキン不要のサニタリーショーツを防災セットに入れておくと良いと思います。

防災フレンズNo.23 ままっちさん

防災フレンズNo.23
ままっちさん

水の備え

水を家族✕6リットルを維持するように心掛けてます。毎日服用している薬もケースにまとめていつでも持ち出せるようにしてます。

防災フレンズNo.24 はむぴさん

防災フレンズNo.24
はむぴさん

わたしの防災の備え

リビングのすみに、防災用品を入れたリュックと防災ずきんを置いています。いざという時に必要な連絡先などを書いた「防災BOOK!」も作って入れています。

防災フレンズNo.25 チコちゃんのハハさん

防災フレンズNo.25
チコちゃんのハハさん

パッククッキング、
やってます

サバカレー/鯖缶1つ、玉葱1個、にんじん半分、さつま芋1つ、カレールー2個、コンソメ1個、ケチャップ大さじ2。水は鯖缶に一杯。材料を数センチに切り袋に入れ、空気を抜き30分湯煎で完成!

防災フレンズNo.26 げら子さん

防災フレンズNo.26
げら子さん(倉敷市)

薬とヘルプカードを常備

ふだん飲んでいるお薬を紙に書き、ヘルプカードと同じホルダーに収納。お出かけのときはいつもウエストからぶら下がっています。

防災フレンズNo.27 とみーさん

防災フレンズNo.27
とみーさん(東京都大田区)

乾物をローリングストック

災害時に使えるお水が少なくても そのままかじるのも可能と知ってレシピを集めて 停電にも備えてアナログにレシピ管理をするようになりました。

防災フレンズNo.28 ぽにぽにさん

防災フレンズNo.28
ぽにぽにさん(千葉県千葉市)

ドアに目印の蓄光テープ

暗闇でも位置がわかるように、蓄光テープを貼っています。また、食品やペットボトルの水は、ローリングストックしています。

防災フレンズNo.29 羽ちゃんさん

防災フレンズNo.29
羽ちゃんさん(鳥取県倉吉市)

自炊を兼ねてキャンプ

鳥取中部地震の経験もあり、毎年自炊を兼ねてキャンプをしています。3歳から小学2年生までの孫達も楽しみながらではありますが経験をしています。

防災フレンズNo.30 川村宏之さん

防災フレンズNo.30
川村宏之さん(島根県松江市)

いざというとき車に積む物

これ以外に、ペットボトルに水、レトルト食品、手動充電ライトなどがあれば、なんとかなります。

防災フレンズNo.31 ICO D+Pさん

防災フレンズNo.31
ICO D+Pさん(神奈川県藤沢市)

この小ささでラジオまで!

地区のニュースレター担当になって幾星霜。防災記事が多かったので私も防災オタクと呼ばれるようになりました。

防災フレンズNo.32 だんごさん

防災フレンズNo.32
だんごさん(茨城県神栖市)

缶詰のオイルを
ロウソク代わりに

停電になった時に僕の家では、オイル漬けの缶詰の中身だけを食べ、残ったオイルの中に麻紐を10cmほど切って入れ、火を点けてロウソク代わりにしました。

防災フレンズNo.33 ぐりとぐらさん

防災フレンズNo.33
ぐりとぐらさん(神奈川県)

災害訓練で知った
ごはんの炊き方

米一合+水120mlを高密度ポリエチレン袋に入れて、空気を抜きます。鍋に皿をしき、直接ビニール袋が触れないようにして20分ゆでる。