ページの本文へ

NHK岡山WEBリポート

  1. NHK岡山
  2. 岡山WEBリポート
  3. 激論!岡山と香川は「お隣」?「お向かい」?

激論!岡山と香川は「お隣」?「お向かい」?

NHK岡山「もぎたて!」もぎリサーチ
  • 2024年02月04日

視聴者の疑問に答える「もぎリサーチ」。
今回、NHKに寄せられた問いは
岡山県にとって香川県は「お隣」なのか。
それとも「お向かい」なのか。
そう言われてみると、どっちなのか…
勝呂アナの発言に端を発する今回のもぎリサーチは
シンプルにして難解。
行き先の見えないリサーチの内幕。
ちらっと覗いていってください。

序章~お隣について~

勝呂アナが香川県を「お隣」と表現している。
我々はまず、ご指摘のあった2023年11月27日放送の
「もぎたて!」を見直しました。
「続いては、お隣 香川の…」

証拠、バッチリ残っていました…


…完全に言ってました。
「お隣」「お向かい」どちらが正しいにせよ、
勝呂アナを問いただそう。
そう心に誓いました。
そして、同時に気が付いたのです。
「お隣」という表現が完全に間違っていたらどうしよう…

もうひとつ、大きな問題が。
この企画の「ゴール」はなんなのか。
寄せられた疑問の最後には、こう書かれていました。
岡山県民で「お隣」と思っている人の割合は?
なるほど。これは大きなヒントです。
なるべく、たくさんの人にこの疑問をぶつける。
最後は街に繰り出し、道行く皆さんに聞いて回るのだ!
リサーチの方針が決定しました。
しかしその時、岡山には
今年最強の大寒波が迫っていたのです。

第1章~尋問~

リサーチのスタートはもちろん
勝呂アナを問いただすところから。
気合を入れ、4方向からカメラで狙います。

ディレクター渾身の勝呂アナ尋問シーン

いったいどんな言い分が飛び出すのか…
そして
自分が兵庫や広島を向けば
香川は「横=お隣」という理論が展開されます。
思いました
「…これはこれで納得できる…」

お次は「もぎたて!」チーム。
岡山歴の長い猛者はもちろん、
香川にゆかりのある方も。

割れる意見。面白くなってまいりました。

第2章~そして大学へ~

薄々感づいてはいましたが、
意見は割れるばかり…
このまま聞いて回っても
リサーチとしていかがなものか…
「ヤバい…誰か…頭のいい人…大学…」
ついに我々は岡山大学に取材を始めます。

突然の取材にも関わらず
岡大の先生方は真摯に向き合ってくださいました。
言語専門の先生、地理専門の先生、皆さん
「興味深い、同時に難しい」
と言いつつ様々な視点から考察が飛び交います。
県境、漢字の成り立ち、空間認知…
これが面白い。時間があればすべての先生に
ご出演いただき、喧々諤々したい!
しかし、そうもいきません。
ただ「お隣」か「お向かい」か
答えが出ない面白さ
これを打ち出そうと決めました。

突然のお願いにも関わらず、ありがとうございました!


方言の観点から
「区切りのある隣」
という絶妙な示唆をくださった田中先生に
ご出演いただき
ついに街へと繰り出します

終章~風に吹かれて~

昼日中から人っ子一人いない駅前

寒い。寒すぎる…
大寒波の中、街ゆく方々にインタビューを開始した我々
風吹きすさぶ極寒の岡山駅前で
声をかけては
「岡山と香川はお隣ですか?」
「それともお向かいですか?」
と聞き続ける我々
不審者以外の何者でもありません。
そんな中、足を止めて答えて下さった皆様、
本当にありがとうございました。

タピオカ片手に足を止めてくださり、ありがとうございました!

「日本みんな友達だから隣」
という超平和的思想にも出会い
「お隣派」約6割、「お向かい派」約4割
という接戦のまま
我々のリサーチは幕を閉じたのであります。 

内幕にお付き合いいただき、ありがとうございます。
リサーチの過程を楽しんでいただく
ことを目的とした今回のもぎリサーチ。
いかがでしたでしょうか。
素朴な疑問のようで、考えてみると難しい
制作者としても楽しんでしまいました。
「こんなリサーチもたまにはアリかな」
と思っていただければ幸いです。

  • 大井屋 奏

    ディレクター

    大井屋 奏

    妻が岡山生まれ岡山育ち

  • 内田 千咲

    カメラ・映像編集

    内田 千咲

    岡山生まれ岡山育ち

ページトップに戻る