ページの本文へ

NHK岡山WEBリポート

  1. NHK岡山
  2. 岡山WEBリポート
  3. 岡山発 努力義務化から半年 命を守ろう自転車ヘルメット

岡山発 努力義務化から半年 命を守ろう自転車ヘルメット

命を守る自転車のヘルメット 各地の着用率は?向上に向けた取り組みも紹介
  • 2023年10月31日

自転車のヘルメット着用の努力義務化から半年がたちました。ただ、岡山県内の着用率は1割程度。警察は「命を守るため着用を」と呼びかけています。
(岡山放送局記者 内田知樹)

着用率は徐々に上昇するも…

自転車のヘルメットは、これまで13歳未満の子どもを自転車に乗せる場合、保護者がかぶらせるように努めると規定されていましたが、道路交通法の改正で、2023年4月からはすべての人の着用が努力義務化されました。

警察が、岡山県内の着用率を調べました。2023年2月から3月時点では4.3%でしたが、努力義務になって以降、5月は7.3%、7月は7.4%、8月は10.1%でした。
事故も相次いでいます。2023年9月、秋の全国交通安全運動の期間中、岡山市北区で自転車どうしがぶつかった事故では双方がヘルメットをつけず、1人が大けがをしました。南区でも県道の横断歩道を自転車で渡っていた高齢者が車にはねられました。こちらもヘルメットをかぶっていませんでした。

警察によりますと、ことしに入って8月末までに県内で自転車が関係する事故は646件起きています。このうち、5人が死亡、635人が重軽傷を負いました。そして、死者のうちの3人、けが人のうちの8割にあたる527人がヘルメットをかぶっていませんでした。県警察本部交通企画課は「事故をしてから後悔しても遅いので、大人も子どもも自転車に乗るときは命を守るためヘルメットを」と呼びかけています。

全国でばらつき 着用率

警察庁の発表によりますと、2023年7月時点で全国で最も着用率は高かったのは、愛媛県で59.9%、次いで、大分県が46.3%、群馬県が43.8%で、全国平均は13.5%でした。
愛媛県の県立高校では、登下校中の生徒が死亡する事故が相次いだため、8年前から自転車で通学する際には着用が義務化されたこともあり、全体でも着用率が高くなっています。
一方で岡山県の着用率は、少しずつ上昇していますが、2023年7月の時点で全国34番目の7.4%でした。また、中国地方各県の7月時点の着用率は、鳥取県が30.9%、山口県が21.5%、島根県が11.3%、広島県が6.6%となっています。

大学生が髪型を提案!

自転車のヘルメットをかぶって命を守ろうと岡山市のノートルダム清心女子大学の学生たちがヘルメットにあう髪形を提案しました。中学生までは校則で決まっているヘルメットも、高校生以上になるとつけなくなる…。学生たちは髪型の崩れが低迷の一因ではないかと分析しました。美容師らに意見を聞いて、ヘルメットを付けたときおでこを隠して頭を守り、立体感も出るおしゃれな髪形を発表しました。

まず、髪の毛をゴムでとめて束にし、それを2つに分けてわっかを作ります。そこに毛先を通して編み、残りの髪の毛はつむじの方に寄せてヘアピンで留めます。学生たちは、編み方などをアレンジした6種類を考えました。今後、パンフレットにまとめられJAFが県内の中学校や高校で行う交通安全講習で配られるということです。発表したひとり、2年生の三宅心愛さんは「中学校のときにヘルメットをかぶると髪型が崩れてしまうと悩んでいる友人がいました。短い時間でセットできる髪型なので、ぜひ、実践してほしいです」と話していました。

取材後記

岡山県警察本部の公式YouTubeより

2つのレタスを並べてハンマーでたたきます。右側のヘルメットをかぶせたほうはつぶれないのに、何もかぶせていない左側はぺちゃんこに…。岡山県警察本部が公式YouTubeで公開している動画の一場面です。私(記者)も、中学校を卒業してから10年近く、ヘルメットをかぶっていませんでした。2023年4月にヘルメットの着用が努力義務となって思い出したのが、この動画でした。今、毎日、自転車に乗っていますが、必ずヘルメットをつけています。
髪型がくずれる、デザインがいまいち…。そんな理由でヘルメットをかぶらない人も多いかと思います。しかし、ヘルメットは、突然、巻き込まれてしまうかもしれない交通事故からあなたの命や体を守ってくれます。自分の好みの形やデザインのヘルメットを購入して、さっそく、かぶってみませんか。
 

  • 内田 知樹

    岡山放送局 記者

    内田 知樹

    2021年入局 愛車がママチャリでヘルメットだけがスポーツタイプなのが悩み

ページトップに戻る