ページの本文へ

NHK岡山WEBリポート

  1. NHK岡山
  2. 岡山WEBリポート
  3. 岡山発 西日本豪雨5年 キッチンカーでにぎわいを

岡山発 西日本豪雨5年 キッチンカーでにぎわいを

NHK岡山「もぎたて!」
  • 2023年07月05日

倉敷市真備町の一角に出店するキッチンカーがあります。そこには、地域のにぎわいの場になればと願う女性の思いがありました。

料理を通して地域の人たちを喜ばせたい

去年から真備町の文化施設でキッチンカーを出店してるのは同町に住む前田真美さんです。毎週火曜日と週末などにこの場所で営業し、ホットドッグやミックスジュース、日替わりの弁当などを販売しています。

前田さんは、「真備町もだいぶ元気になってきていますがこの場所がたくさんの方々に来て頂いて、にぎやかになればいいなと思い来させて頂いています」と話します。

5年前のあの日

「携帯もつながらず、不安な一晩でした」

前田さんは夫の職場を訪ねていたときに災害に見舞われました。その夜、辺りは暗くて携帯電話も使えなかったため、状況が分からず不安な一晩を過ごしたといいます。

翌朝、辺りを見渡すと一面水に浸かっていました。

地域の人たちが元気になる場所に

西日本豪雨から2年後に真備町に引っ越した前田さん。今は町の復興を感じています。

「一番最初に比べると明るい雰囲気になりました。                         
 橋の開通もあり、車のとおりが増えて立ち寄るお客さんも多くなりました」

キッチンカーには、地域の人や文化施設を利用する人などが訪れています。

久しぶりに訪れたという近くに暮らす女性

買い物に訪れた女性は、被災しながらもボランティアとして豪雨で泥水につかった思い出の写真を洗浄して持ち主に返す活動を続けています。一方、自宅は5年前から手がついていない所もあるといいます。前田さんは、料理で地域の人たちを元気づけたいと願っています。

「水害から5年経って、その方その方でいろいろな思いがあると思う。
 その気持ちは消すことはできないですけど、もっと明るく元気になってくれたら嬉しいなと思
 って私も日々ここに来させてもらってます」

ページトップに戻る