ページの本文へ

NHK岡山WEBリポート

  1. NHK岡山
  2. 岡山WEBリポート
  3. 夢二の世界を食とアートでまるごと楽しむ!【夢二郷土美術館】

夢二の世界を食とアートでまるごと楽しむ!【夢二郷土美術館】

NHK岡山〈アート×めし〉
  • 2023年06月16日

美術館に行くのはハードルが高いという方にこそ見てほしい「アート」と「グルメ」をコラボさせた新企画『アートめし』。第1回は、後楽園のすぐ近くにある「夢二郷土美術館」を紹介します。「アート」で心も、「ごはん」でおなかも満たされましょう!

【アート】夢二の作品いっぱいの美術館

後楽園のすぐそば!夢二郷土美術館

岡山市中区にある「夢二郷土美術館」では、瀬戸内市出身の竹久夢二の作品、およそ3000点を収蔵しています。夢二の代表的な作品と言えば、真っ赤な着物が印象的な『立田姫』。夢二自ら、美人画の集大成と称しました。

『立田姫』

美人画以外でも人気を集めた夢二。千代紙やポチ袋をデザインするなど、マルチアーティストのような活躍をしていたそう。夢二は、「生活の中に美術を取り入れる」というのが美術のあるべき姿、「生活の中の美」という考え方をしていたそうです。

夢二がデザインした千代紙やポチ袋

【グルメ】夢二の世界を食でも味わう

水戸岡鋭治さんデザインのカフェ

美術館のすぐ隣には、夢二の作品に囲まれたカフェがあり、第6展示室とも位置づけられています。岡山市出身の水戸岡鋭治さんがデザインを担当しました。夢二を「食」でも感じられる空間です。

ガルバルジィとカモミールティー

いただいたのは「ガルバルジィとカモミールティー」。夢二は、友人たちをヨーロッパの焼き菓子「ガルバルジィ」でもてなし、外遊先のドイツでは『カミイルの花を煎じてのむ夕べひそかに春をまつ心かも』と詠んだとされています。試食した松本真季アナウンサーによると、「ガルバルジィ」は、サクサクの中にレーズンの優しい甘さがあり、素朴な味でとってもおいしかったということです。

◆気軽に美術館へ!

お庭番頭「黑の助」

「お庭番頭」として美術館を見守るのは、猫の「黑の助」。2016年、道路で車にひかれそうになっていたところを保護されました。夢二の作品に登場する黒猫と、姿がそっくり!館長代理の小嶋ひろみさんは、いろんなきっかけで美術館へ遊びに来てほしいと話します。

小嶋さん

美術館は気軽に遊びに来ていただきたいなと思っております。作品を見るだけではなくて、例えばその建物を楽しんでいだたいたり、黑の助くんに会いに来てくれたり、それからカフェで楽しんだり、お散歩のついでに来るでも構わないですし、違うところに身を置いてみたいなと言う方が気軽に来てくださる存在であればいいなと思っております。

◆「アートめし」動画でも!

NHK岡山放送局・松本真季アナウンサーの動画リポートはこちら👇から!

ページトップに戻る