更新日時:2021/02/24
大分市のハザードマップ
2021年2月24日 放送
大分市のポイント
大分市の特徴
  • 中心部に大分川と大野川、ふたつの一級河川が流れている

大分市のハザードマップはここがポイント!洪水ハザードマップを読むときは、浸水の深さのイメージをもつことが大切です。大分市が提供している『洪水ハザードアプリ』などを利用して、被害を具体的に把握しておきましょう。
河川が氾濫すると水の勢いで家屋が倒壊する可能性があります。自宅が「家屋倒壊等氾濫想定区域」の範囲内の場合、垂直避難では危険です。とにかく早く安全な場所に避難しましょう。
また、川の合流地点では本流の水量が多くなった時に支流の水が流れ込めなくなり増水する、バックウォーター現象のリスクがあります。まったく予想外のところから氾濫する可能性があり、非常に注意が必要です。
地域によっては避難所が浸水想定区域にあることもあります。雨や川の状況によって、複数の避難先の選択肢を用意しておきましょう。

洪水リスクを地域で共有
2021年3月31日 放送
大分市賀来地区でのフィールドワークをきっかけに、地域で洪水のリスクを共有し、安全に避難するにはどうすればいいか、検討がはじまっています。
自治体からの情報 ※NHKのサイトを離れます
市町村別ハザードマップ
▲ ページの先頭へ