更新日時:2021/06/25
国東市のハザードマップ
2021年6月25日 放送
国東市のポイント
国東市の特徴
  • 海に向かって複数の河川が流れている
  • 中心にある両子山が、放射線状に風化浸食された地形が広がる

国東市のハザードマップはここがポイント!谷筋に沿って複数の河川があるため、1か所で降った雨が放射線状に広がり、同時多発的に水害が起こる可能性があります。下流付近に住んでいる場合は、山間部の雨量にも注意が必要です。
川の上流に建設されたダムは、大雨の際に大量の水をそのまま下流に流す、「緊急放流」を行う可能性があります。「緊急放流」が行われると、急激に川の水位が上がります。短時間で浸水被害が広がる可能性があることを理解し、備えることが大切です。
また、両子山の谷筋の多くでは、土砂災害の危険性が想定されています。山あいの地域では、避難所も土砂災害の警戒区域内にあるケースも多くあります。避難行動自体に危険が伴うこともあるため、なるべく早い避難を心がけるとともに、普段から避難場所の選択肢を複数用意しておきましょう。

市町村別ハザードマップ
▲ ページの先頭へ