ページの本文へ

更新日時:2021/01/20
ハザードマップは更新されていくものですので、確認をしたい場合は、お住まいの自治体が公表している最新のものを見てください。VTRで紹介している他の防災関連の資料も同様ですのでご注意ください。 杵築市のハザードマップ
2021年1月19日 放送
杵築市のポイント
杵築市の特徴
  • 山から川を通じて海まで細長くつながっている
  • ため池が多い

杵築市のハザードマップはここがポイント!沿岸部の広い範囲が津波の浸水区域に指定されています。過去に7mの津波を観測した記録もあり、大きな揺れを感じた場合は、まず高台に逃げることを考えましょう。
洪水ハザードマップでは、市内を流れる八坂川と高山川沿いの広い範囲が浸水区域に指定されています。津波だけではなく、大雨による川の増水にも注意が必要です。
杵築市内には300以上のため池があり、大雨や地震で決壊する可能性があります。ため池による災害は土砂や水の流れが速く、短時間のうちに被害が広がる特徴があります。ため池の近くに住む人は、ハザードマップで避難経路を確認しておくなど、事前の備えが大切です。

自治体からの情報 ※NHKのサイトを離れます
市町村別ハザードマップ