ページの本文へ

NHK大分取材ノート

  1. NHK大分
  2. 大分取材ノート
  3. 炭酸温泉で知られる長湯温泉街を自転車旅 温泉グルメも!

炭酸温泉で知られる長湯温泉街を自転車旅 温泉グルメも!

2024年6月5日「ぶんドキ」で放送
  • 2024年06月14日

     

    アナウンサーの和田弥月です。
    県内の道の駅を自転車で巡る「やみつき自転車旅」。今回は、竹田市の長湯温泉街を旅して、このコーナーでは14か所目の道の駅となる「道の駅ながゆ温泉」を目指します。お湯を飲んだり、露天風呂につかったりと、温泉街ならではの魅力が詰まった旅となりました。
    それでは旅の様子をどうぞ!

    長湯温泉街をサイクリング

    長湯温泉街の西の端からスタート!芹川沿いを走っていきます。

    芹川沿いをサイクリング

    緑がたくさんあり、木が青々していて、とても気持ちいいです。

    温泉施設がたくさんあります

    三角屋根の建物が見えてきました。ここも観光客に人気の温泉施設の一つです。

    長湯温泉を代表する河川敷の露天風呂へ

    川の河川敷に石で囲まれた場所が

    しばらく走っていると、、、長湯温泉を代表する露天風呂が見えてきました。せっかくなので立ち寄ってみることに!自転車を止めて歩いていきます。

    河川敷へ降りる道

    それがこちら!河川敷にある、ガニ湯と呼ばれている露天風呂です。

    「ガニ湯」

    遮るものがない河川敷に湯船・・・、入るのは少し勇気がいりそうです。

    手だけつかってみました

    手だけでもすごく温かくて、泉質はとってもとろとろしてました。1時間くらいつかっていたいくらい心地よかったです。
    ガニ湯は無料で24時間365日入ることができます。タオルなどは準備されていないので持参してください。つかるときっとすごく開放的な気持ちになれますよ~。
    自然あふれる温泉街を味わいながらのサイクリング、とても楽しかったです!

    道の駅に到着!まずは温泉から

    まずは御前湯へ

    今回の目的地である「道の駅ながゆ温泉」に到着です。
    物産館「おんせん市場」と「観光案内所」、そして炭酸温泉に入ることができる「御前湯」の三つの施設からなります。まずは御前湯へ。

    飲泉に挑戦!

    流しっぱなしです

    入り口に水道のようなものが・・・。これ実は温泉を流しているんです!
    長湯温泉には、昔から、、温泉を飲む文化が伝わっています。
    飲んでも大丈夫かどうかは、県の薬剤師会が定期的に確認しているそうです。

    勇気を出して、飲んでみました

    口に含むと、、、あったかい!そしてちょっと鉄っぽい味がしました。
    鉄棒に口がぶつかったときに感じるあの味です(わかる方にはわかって頂けるかと!)。
    適量は1日にコップ1杯くらいだそうで、飲みすぎ注意! 
    毎日飲むことを習慣にしている地元の人もいるそうです。 

    御前湯の家族風呂

    建物には1階と3階に大浴場があるほか、家族風呂もあります。芹川沿いの風景を眺めながら源泉かけ流しの温泉をゆったり楽しむことができます。

    続いては物産館「おんせん市場」へ

    物産館「おんせん市場」

    「おんせん市場」店長の佐藤敬治さんに話を聞きました。

    店長の佐藤敬治さん

    店内には、新鮮な野菜や、地域の特産品がたくさん並んでいました。お邪魔したのは5月下旬。これからの季節に人気なのは?

    真っ赤でした!

    最近出荷が始まったばかりという大人気のトマト!色がつやつやで、県外からもわざわざ買いに来る人がいるんだそう。甘くてみずみずしくて、とってもおいしかったです。

    自宅でシュワシュワ!長湯温泉気分♪

    続いてのおすすめはこちら!じつはこれ入浴剤なんです。
    自宅で気軽にシュワシュワの長湯温泉気分を味わえます。

    おかずは色々な種類があります

    ほかには、毎朝、地元の方が作って持ってきてくれる手作りのお弁当が大人気!
    お風呂あがりに購入する人も多いそう。この時期は外で食べるのがおすすめだそうです。

    温泉が食べられる!?長湯温泉名物 ‟温泉糖”

    食べられる炭酸泉!?


    さらに道の駅には、食べる炭酸泉までありました。
    それがこちらの「温泉糖」。炭酸泉に砂糖と卵白を入れて固めたお菓子です。
    ながゆ温泉でしか食べられないそうです。
    シュワシュワした炭酸が固まったような見た目で、形はラスクみたい。
    食べてみると、カリッとした歯ごたえのあと、口の中でふわ~っと溶けて甘みがいっぱいに広がりました。そのまま食べるのも、コーヒーに合わせるのもおすすめだそうです。

    自然豊かな温泉街を走る

    長湯温泉の恵みを体全体で感じた旅になりました。

      • 和田弥月

        NHK大分 アナウンサー

        和田弥月

        大分市出身・入局3年目になりました!今年度も県内各地の道の駅を自転車で巡ります。皆さんがお住いの地域にもお邪魔します。引き続きよろしくお願いします!

      ページトップに戻る