ページの本文へ

NHK大分取材ノート

  1. NHK大分
  2. 大分取材ノート
  3. 別府温泉の微生物が持つ大きなチカラ 和田アナウンサーが取材

別府温泉の微生物が持つ大きなチカラ 和田アナウンサーが取材

4月9日(木) ラジオ第一「NHKジャーナル」で放送
  • 2024年04月10日

 

4月9日、和田弥月アナウンサーが、ラジオ第一「NHKジャーナル」でリポート。
別府市の温泉の中から発見された、体調わずか3ミクロン(髪の毛の太さの10分の1よりも小さい!)の藻の一種が、養殖や畜産現場の生産効率を上げることにつながるかもしれないすごい力を秘めていることがわかりました。

”らじる★らじる”で聞き逃し配信!

和田アナウンサーのリポートは、放送から1週間 NHKラジオの聞き逃し配信サービス「らじる★らじる」で聞くことができます。 
配信は【4月16日(火)午後10:55まで】です!

画像をクリックすると 聞き逃し配信が流れます
▼和田アナウンサーのリポートは番組開始30分過ぎから▼

  ★以下、今回のラジオリポートに関連して
      去年執筆した記事を再掲します★

都内の料理店で、大分の養殖ヒラメが人気

東京・新橋の日本料理店で、看板メニューとなっているのが、ヒラメの刺身。
このヒラメ、大分の養殖場が出荷したものです。

和田弥月アナウンサー
和田
アナウンサー

濃厚でクリーミー。歯ごたえがしっかりしていて弾力があります!

大分の養殖ヒラメの現状

出荷量日本一を誇る大分の養殖ヒラメですが、厳しい一面もあります。それは、養殖中、出荷前に死んでしまうヒラメが多いことです。

ヒラメの
養殖業者

お金をかけても半数近くが死んでしまって、経営的にもつらい部分があった

そんな中、ヒラメの養殖現場を改善しようというものが出てきました。
キーワードは、大分が誇る「温泉」です。
温泉が養殖ヒラメをどう救おうとしているのでしょうか。

温泉から、傷口の腫れなどに効く藻の一種を発見!

温泉の湧出量日本一を誇る別府市にある、研究施設です。
この施設の会長、濱田茂さんです。
化粧品会社を経営する濱田さんは、以前から温泉の効能に注目していました

濱田茂
さん

昔から温泉は体にいいねとか、そういう話がいっぱいあるんですけど、何かがいるんじゃないかということでずっと研究してきています

濱田さんは研究を進める中で、あるものに注目します。

それは、温泉の中に入っている、体長3ミクロンの藻の一種です。
80℃の強酸性の源泉の中で発見されました。
厳しい条件の中で生息するその生命力に注目して、研究を進めたところ、傷口の腫れや化のうを抑える効果があることがわかりました。

92番目に見つけたことから、「RG92」と命名。
特許を取得して、アトピー性皮膚炎の人も使える化粧品などを開発しました。
さらに、広島大学や順天堂大学などと共同で研究を進めたところ、体内へのウイルスの侵入を抑える効果があることもわかりました。

温泉がヒラメ養殖を救う!?

このRG92の効果に意外な人が注目しました。それはヒラメの養殖業者です。

佐伯市でヒラメの養殖業を営む木野雄貴さんです。
ヒラメは免疫力が弱く、病気にかかりやすいため、体内にウイルスが侵入すると高い確率で死んでしまいます。
このため、稚魚から出荷にたどり着くのは、全体の6割ほどです。
育ちにくい上、エサ代や電気代の高騰もあり、最盛期には佐伯市内に250あった養殖業者は、16にまで減っています。

木野雄貴
さん

お金をかけても半数近くが死んでしまい、悪循環でエサ代も上がる、最悪な状態でした

そんな中、知人を通して濱田さんの研究のことを知ります。
いちるの望みを託す思いで、RG92をエサに使いたいと相談したのです。
2人は2022(令和4)年3月から実験を始めました。

RG92を混ぜたエサと、そうでないエサをヒラメに与えて、その違いを調べました。
すると、RG92を与えたヒラメは、実験開始から4か月っても、まったく病気にかかりませんでした。
さらに予想していなかった効果もありました。通常のエサに比べて、食いつきが良かったのです。
8か月後、RG92を与えたヒラメは、そうでないヒラメに比べて、平均で300グラム以上重くなったのです。

木野雄貴
さん

まんべんなくエサを食べて、太りもいい。大きさだけじゃなく、厚みもつく。最終的に味はどうかと心配したが、それがまさかの“相乗効果”

プロの料理人も認めるうま味!

木野さんが養殖したヒラメは、プロの料理人の間でも注目を集め始めています。

東京・新橋にある日本料理店です。
天然のヒラメに引けを取らないほど、うまみが強く、しかも年間を通して味が安定していると言います。

(日本料理店 料理人)
「脂の乗りはやっぱりいいですよね。淡泊すぎずにちょうどおいしい状態になっているのがすごいなあと思います。僕がすごく信頼を置いているのは、養殖場の中で死なない、健康的なヒラメだということです」。

大分が誇る温泉が、出荷量日本一の養殖ヒラメを助けようという取り組み。
大分ならではのコラボレーションが、新たな可能性を広げようとしています。

木野雄貴
さん

おんせん県の大分県で日本一の生産量を誇るヒラメ。この2つをくっつければ、強いブランドになると思ったんですよね

濱田茂
さん

今まで化粧品という分野で研究してきたんですけど、それがこうして魚とかのお役に立って、よりこの研究を加速させて、多くの人に貢献できるように、ますます頑張らないといけないなと思っています

ヒラメ以外にも広がる可能性

ヒラメ以外にも、シマアジやタイ、トラフグやチョウザメの養殖現場でも、RG92を使った実験が行われています。
また、スリランカでは、エビの養殖でも使われているそうです。
このほか、畜産の分野でも、RG92を混ぜたエサも使う取り組みが行われています。
大分の温泉が、食の分野でもその効果を見せようとしています。
引き続き、大分の温泉効果について、様々な角度から取材を続けたいと思います。

  • 和田弥月

    NHK大分 アナウンサー

    和田弥月

    大分市出身。好きな食べ物は、大分の白身魚。大分のお魚はおいしいので、しょうゆをつけずに食べています!

ページトップに戻る