2017年08月07日 (月)LGBTサポート No.42


先日、LGBT=性的マイノリティについてのインタビューリポートを
放送しました。

 

lgbt1.JPG

LGBTに関する講演や当事交流会などを大分で広めている
LGBTサポートグループ「ココカラ!」共同代表の
大住珊士さんです。

 

 

lgbt2.JPG

大住さんは、心と体の性が一致しないトランスジェンダーとして
ご自身の体験を踏まえた発信を続けています。

 

lgbt3.JPG

性について、大別すると①「体」②「心」③「社会的性」
④「好きになる性」に分類できるといいます。大住さんの
場合、体は女性として生まれたものの、手術によって男性に
近づきつつあるので、赤丸はこの位置、心は男でも女でもないので
無記入、社会的性と好きになる性は、私とほぼ同じです。

 

lgbt4.JPG

私は心については、男らしくないなあと思うこともあるので
少し女寄りになっています。ただ、男らしい、女らしいというのも、
あいまいな定義だとは思うんですけどね。
どこに赤丸を記すのか、1人1人違うと大住さんは強調します。

 

lgbt5.JPG

 LGBTに限らず、マイノリティの人たちを受け入れ、
分け隔てなく共生していける社会こそ、豊かな社会だと思います。

大住さんのこのメッセージをいただきながら、
 「みんなちがって、みんないい」という金子みすず(詩人)の詩を
思い出しました。

 

投稿者:寺澤 敏行 | 投稿時間:12:45

ページの一番上へ▲