これまでの放送

まちかど
情報室

2020年7月16日(木)

朝めし前の脳トレ

ストレス解消のため 手軽にできる脳トレーニングと朝食のおすすめメニューのアイデア

視聴者のみなさまへ

番組およびこのページは特定の製品・サービスを推奨するものではありません。製品・サービスの特性や使用上の制限、契約内容・条件などについては、各自におかれまして、メーカーや販売会社に十分ご確認ください。
まちかど情報室でお伝えした製品を扱う通信販売のサイトはNHKと一切関係ありません。
同名で別の企業や団体が存在する場合があります。問い合わせの際は、ここに掲載している情報をご利用ください。

情報
1

脳トレを教えてくれたのは…篠原菊紀さん

公立諏訪東京理科大学教授。健康科学・脳科学の専門家で、特に脳トレについては数々の方法を生み出し、第一人者として知られる。

情報
2

篠原さんがアドバイスした ストレスをやわらげる脳トレ

・割り箸を使う
 口にはさみ、口角を上げて「にっこり」笑顔を作る。
 (なれれば箸を使わなくてもよい)
 “作り笑い”の動作をするだけで、脳のドーパミン神経が活性化して
 楽しい気分になる。
・視覚も利用する
 スマートフォンの“自撮り”で自分の笑顔を見るのもよいし、
 写真で子どもの笑顔やペットのかわいい姿を見るのもよい。
 家族みんなで笑顔を作り、お互いの顔を見てにっこりするのもよい。

情報
3

朝食に「魚介の缶詰」で鉄分補給のすすめ

鉄分には貧血予防だけでなく、脳内物質を作る働きもある。暑い時期には汗で失われやすいので補給することが大切。さば缶やあさり缶などをそのまま食べてもよいが、鉄の多い納豆と合わせたり、卵に加えて卵焼きにしたりなど工夫して食べてほしい。

※上記の情報は放送日時点のものです。

Page Top