これまでの放送

2020年8月6日(木)

“遺したい” 被爆75年 資料に込めた被爆者の思い

「力を振り絞って…。」
広島に原爆が投下されて75年という節目のことし、自宅にある段ボール箱200個と向き合う89才の被爆者がいます。箱の中には、原爆投下を決断したアメリカ・トルーマン元大統領と面会したときの記録など、貴重な資料の数々が…。
歴史の事実を伝えのこすにはどうすればいいのか。被爆者の取材を長年続けてきた記者の報告です。詳しくはこちら

Page Top