これまでの放送

2020年7月16日(木)

“マスクがつけられない” あなたのそばにも…?

「マスクをつけていない方は入店をお断りしています」。最近は街なかでこうした貼り紙などを目にすることが少なくありません。新しい生活様式の1つになったマスクの着用ですが、マスクをつけたくてもつけられない人たちがいるのをご存じでしょうか。
マスクをつけると体に異変が生じて、顔や耳にかゆみや痛みなどの症状が出てしまう人たちです。長時間マスクをつけると気分が悪くなったり、顔が腫れあがったり、熱が出たりする人もいます。原因は皮膚の病気や脳の障害のほか、発達障害にともなう感覚過敏などさまざまあると考えられていますが、共通するのはそのつらさが見た目では分からないことです。そうした人に出会ったとき、周りにいる人はどう接すればいいのでしょうか?

<この記事のポイント>
◆マスクをつけられない原因は、皮膚の病気や発達障害に伴う感覚過敏などさまざま。
◆脳の中で強い反応が起こっていると見られるケースもわかってきて、わがままや我慢不足ではすませられないという。
◆まずは知って欲しいという中学生のアイデア。

“マスクがつけられない” 皮膚の病気のケース

神奈川県に住む米澤美法さんは、皮膚の病気が原因でマスクをつけるとかゆみや痛みが生じ、10分以上つけると体調が悪くなると言います。生まれつき汗をかく機能に障害があり、体温の調節が困難でした。そのため暑い日の体育の授業は、なるべく見学するようにしてきたといいます。
異変があったのはことし(2020年)5月。マスクを着けて外出したところ、顔が腫れ、体温は38度まで上がりました。いまはマスクの代わりにフェイスシールドをつけていますが、涼しい場所でも 1時間が限度です。マスクがつけられないことで、周囲の目を気にして外出をためらうことも少なくありません。

米澤美法さん
「銀行とかいろいろ必要があって行かなければいけない店でも、マスクのない方は入店をお断りしていますという表示を見てしまうと本当にきつい。白い視線に耐えるのはきついですね。」

“マスクがつけられない” 発達障害に伴う感覚過敏のケース

発達障害にともなう感覚過敏が原因で、マスクをつけられない子どももいます。視覚、聴覚など五感への刺激によって過剰な感覚が引き起こされる感覚過敏。モノに触る触覚の反応が、痛みなどにつながっていると考えられます。母親はこれまで数種類のマスクを試しましたが、どれも嫌がってつけてくれないといいます。

子どもの母親
「まずゴムが耳にかかるのが嫌。痛いというよりも触れられたくない。学校でマスクをしてないのもうちの息子だけなので、うしろめたい気持ちがありますね。」

マスクがつけられないのは脳のメカニズムか

感覚が過敏になる症例は、認知症やうつなどでも報告があります。一方で、マスクをつけられない人が国内にどれくらいいるのかは正確な統計がありません。また発達障害にともなう感覚過敏が起きるメカニズムについても研究は始まったばかりです。発達障害における感覚過敏の研究をしている国立障害者リハビリテーションセンター研究所の井手正和さんによると、マスクがつけられないのは刺激に対する脳の反応と考えられ、わがままや我慢不足ですませることはできないといいます。

国立障害者リハビリテーションセンター研究所 井手正和研究員
「脳の中で強い反応がおこってマスク着用が困難になっているのではないか。マスクを何度か着用して慣れることを試みても、うまくいかないことはあるかと思う。」

マスクがつけられません“意思表示カード”

マスクがつけられずに外出もためらう状況を変えたいと、新しい試みを始めた中学生がいます。加藤路瑛さん(中学3年生)は、自身も味覚や唄覚が敏感で、生活に支障があるといいます。ことし1月、SNSの仲間と「感覚過敏研究所」を立ち上げ、情報交換サイトを作りました。「苦しくて途中で外したくなってしまう」「つけやすいマスクの情報や対策があれば教えてほしい」などさまざまな声が寄せられています。
こうした声に応えようと作ったのが「マスクがつけられません」と書かれた意思表示力ードです。外出するとき、服やカバンなどにつけることで自分たちの存在を周囲に知ってもらいたいと考えました。マスクの代わりに持ち歩く扇子も制作中です。飛沫を遮る効果はマスクほどではないものの、感染対策にも気をつかっています。マスクがつけられないことを声高に主張するのではなく、自分たちからできることを示して、話し合うきっかけにしたいといいます。

加藤路瑛さん
「コロナの影響でマスクをつけていない人がいたらみんな不安になると思う。『感覚過敏でつけられないから店に入れろ』と強く言う感じではなく、『感覚過敏が理由でマスクがつけられないんです。どうか交渉できませんか』というコミュニケーションのきっかけとして使ってほしい。」


取材:山下由起子記者、小島日佳里ディレクター

Page Top