これまでの放送

2020年1月29日(水)

40代から衰える!?“食べる力”

ふだんの食事で無意識にしている「かむ」「飲み込む」。こうした“食べる力”が40代から衰え始めていることが日本老年歯科医学会の調査で明らかになりました。189人を調べたところ、40代で3人に1人、50代では2人に1人、“食べる力”が衰えていました。
こうした症状を「口腔(こうくう)機能低下症」として医師たちは注意を呼びかけています。進行すると全身が衰え、将来寝たきりになるリスクが高まるといいます。

口腔機能低下症 検査と治療は?

「口腔機能低下症」の診療に力を入れている都内の歯科医院を取材しました。
この歯科医院では、歯の治療に来た人にも、検査を勧めています。“食べる力”の衰えを感じて来院する人はほとんどいないのが現状です。

「たたたたたたたた…。」

診察を受ける女性が、「た」や「ぱ」の音を繰り返します。
これは舌と唇の動きを調べる検査です。何回言えるかで衰えていないかチェックします。目安は1秒で6回以上です。

さらに、小さな風船のようなものを舌の上に乗せ、口の中でつぶす検査。舌と上あごではさむ力を測り、舌の力を調べます。30以下だと、食べ物をのどに送り込むことが難しくなり、20を下回ると食べ物が誤って気管に入ってしまう「誤えん」のリスクが高まります。

調べるのは全部で7つの項目です。3つ以上該当すると、「口腔機能低下症」と診断されます。
「口腔機能低下症」になると食べる量が減り、堅い物を避けるため、食材も偏ります。その結果、栄養不足となり、全身の筋肉が減ります。食欲不振が進み、食べる力がさらに衰える悪循環が生まれます。放置すれば、介護を必要とする状態が早く訪れ、最終的には寝たきりに。けっして侮れない病気なのです。

なぜ、働き盛りから発症するのでしょうか?

「食事に時間をかけない現代の生活が口腔機能低下症につながっている」と、専門家は指摘します。

東京歯科大学 上田貴之教授
「忙しいと、軟らかく炊いたごはんやうどんなど、食べやすいものが中心になってきます。今回の調査で、中年期から始まっていることが分かり、私たちも非常に驚きました。」

「口腔機能低下症」は気がつかないうちに進行し、それに伴って全身が衰えます。いわば老化が早く進むようなものです。

自分が「口腔機能低下症」になっていないか調べるためのチェックリストを東京歯科大学の上田貴之教授と一緒に作成しました。

「口のにおい」は口の中の衛生状態が悪いことを示し、「口が乾く」というのは、食べる際に必要な「だ液」が不足しているからです。1つでも思い当たることがあればまず、かかりつけの歯科医に相談して下さい。

では、「口腔機能低下症」と診断されたらどうすればいいのでしょうか?
治療に取り組む患者を取材しました。草刈恒雄さん、82歳。歯の治療に訪れた病院で「口腔機能低下症」と診断されました。

「食べるのに時間がかかるようになった」とは思っていましたが、検査の結果は想像もしないものでした。7項目のうち5つで基準値を下回り、特に、舌の力は18.5。気管に入る「誤えん」が起こりやすい状態でした。最悪の場合、窒息したり肺炎になって命にも関わります。

草刈さんの“食べる力”を回復するリハビリが始まりました。まず取り組んだのが食生活の改善です。食材を選んで自炊するようになりました。
下は治療開始前の食事。1人暮らしということもあり買ってきたパンをコーヒーで流し込む簡単なものでした。

しかし、一念発起して品数と量を増やしました。それが下の写真です。ポイントは焼き魚、ヨーグルト、納豆などたんぱく質を増やし、漬け物など、かみ応えのあるものを加えたことです。

こうした食生活を続けた結果、舌の力は22.4まで回復しました。誤えんのリスクの基準となる20を上回りました。80代でも症状は改善するのです。

草刈さんは今、さらに本格的なリハビリに取り組んでいます。
風船のような器具を使って舌でつぶして舌の筋肉を鍛え、ガムをかんで、かむ力をつけています。

草刈恒雄さん
「元気な体を作るために、なんとか努力していきたい。」

“食べる力”は少しずつ衰えていくので、気がつきにくいですが、進行してからだと治療に時間がかかります。だからこそ、衰え始める40代から注意してほしいと思います。

紹介した検査やリハビリは、一部を除いて、おととしから保険診療として受けられるようになりました。
ただ、食事療法は食べる力が衰えている人がいきなり堅い食べ物にチャレンジするのは危険です。気になる方は、まずかかりつけの歯科医院に足を運んでみて下さい。

〈日本老年歯科医学会〉
認定医・専門医一覧 ※NHKサイトを離れます

【取材 小室洋平記者】

Page Top