これまでの放送

2019年11月8日(金)

波紋 映画祭で「上映中止」 いったい何が… “萎縮する” 表現の自由

川崎市で開催された市民映画祭で、予定されていた一本の映画が上映中止になり、大きな議論が巻き起こりました。
主催者が中止を決めた背景にあったのは、先月(10月)閉幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」で一部の展示内容に、脅迫や抗議が集まったことでした。
取材を通して見えてきたのは、「表現の自由」をめぐって、少しずつ萎縮していく現場の実態です。

波紋 映画祭で「上映中止」 “萎縮する” 表現の自由

今週月曜日まで8日間にわたり開催された「KAWASAKIしんゆり映画祭」。
地元のNPOが主催し、川崎市が共催しています。

今年で25回目を迎えました。
この小さな映画祭が注目を集めるきっかけになったのが、従軍慰安婦問題をテーマにした映画が上映中止になったことでした。

なぜ、映画は上映中止になったのか。
きっかけは、共催する川崎市が、出演者の一部が上映差し止めを求める訴訟を起こしているとして、「上映するのはどうなのか」との懸念をNPOに伝えたことでした。

川崎市市民文化振興室 山崎浩室長
「市としては選定そのものに、直接口を出すわけにはいかない。
決定するのは主催者でありますので、あとはご判断はお任せしますということですね。」

一方、懸念を伝えられた、主催するNPO。
代表は私たちの取材に、中止の背景には、川崎市からの運営費が支払われなくなる不安があったと認めました。

映画祭を主催するNPO 中山周治代表
「われわれの活動がどう査定されるかは、われわれは分かりません。
川崎市の言ってきたことは重く受け止めています。」

さらに、「あいちトリエンナーレ」で慰安婦問題をテーマにした展示に、脅迫や抗議が集まっていたことが、中止の判断の決め手になっていました。

映画祭を主催するNPO 中山周治代表
「映画祭に、映画じゃない関心でもって、自分の主張をしに来る人とか、あるいは映画を邪魔しにくる人とかが来るんじゃないかと思ったときに、それもやはりいちばん、それもすごく心配しました。
何かあったらおしまいだから、未然に防ぎたい。」

しかし実際には、中止を決定した時、映画祭に抗議の声などは、何も寄せられていませんでした。
主催するNPOは、不安や憶測だけで、上映中止を決定していたのです。
小さな市民映画祭での決定は、「表現の自由」をめぐっての大きな議論となりました。

映画監督 是枝裕和さん
「共催者の懸念を真に受けてですね、主催者側が作品を取り下げるというのは、もう映画祭の死を意味します。」

先月30日。
上映中止の是非について、市民も参加して議論する場を、NPOは急遽設けました。
参加者からは、市民も含め、毅然と対応すべきという声があがりました。

男性市民
「これはスタッフだけで何とかしようと思わないで、市民の力を借りるんです。
自分たちだけで責任を負うとかっていうんじゃなくて、市民を巻き込むやり方考えて。」

その後、NPOは2日間に渡って協議し、映画祭の最終日に、『主戦場』の上映に踏み切りました。
警備のボランティアも30人ほどが集まり、持ち物検査をするなどして、対応にあたりました。
大きな混乱もなく、映画祭は閉幕しました。

市民
「どういう映画かを決めるのは、見た人が決めればいい。
表現の自由は市民の権利なので、やっぱり守っていかないといけない。」

波紋 “萎縮する”表現の自由 どう守っていくか

この問題で意欲的に発信している芥川賞作家の平野啓一郎さんは、「表現の自由」を闘って勝ち取った歴史がない日本でも、状況は変わりつつあると指摘します。

芥川賞作家 平野啓一郎さん
「アートの世界の自立性というものをどういうふうに守っていくのか。
国がむしろその自立性をどういうふうにサポートしていくのか。
権力側が自分たちの考え方に合わないからっていうんで、限定しようとすると、それに忖度したような、それに適用した作品ばかり生まれてきますけど、そうして生まれてきた作品からは、僕たちの国を次の時代に向かって、あるいは人間の新しい可能性に向かって開いていくような力というのはもう失われてしまうんですね。
ゆくゆくは国家にとってよくなるんだという思想の下に、芸術というのを国家の中に保護していかなきゃいけない。」

「表現の自由」は、私たちにとって暮らしを豊かする非常に身近なものです。
一方で、それは損なわれやすく、それによる萎縮は連鎖していくのだと今回、実感しました。
「表現の自由」を守る、それは簡単なことではないですが今を生きる私たち1人1人が問われているのだと思います。

取材:中村雄一郎記者(社会部)

Page Top