これまでの放送

2019年10月28日(月)

捕虜の息子から高校生へ 敵味方を超えたメッセージ

およそ7万人が亡くなった長崎の原爆。
その長崎で、連合国側の軍人が捕虜として、最大で2,000人収容されていたことは、あまり知られていません。
長崎の捕虜収容所にいたオランダ人兵士の体験を、息子が教材として冊子にまとめました。
冊子には、収容所での捕虜の過酷な生活が、戦争の経過とともに描かれています。
今月(10月)、捕虜の息子が長崎を訪れ、かつての敵味方の関係をこえたメッセージを、高校生たちに語りました。

今月、長崎市内で、高校生を対象に講義が行われました。
企画したのは、オランダと日本の交流を進めるNPOです。
講師は、オランダ人のアンドレ・スクラムさん(71)。
アムステルダム大学の生命科学の教授を退いたあと、父親の戦争体験について調べています。

父親のヨハンさんは第2次世界大戦中、オランダ領東インド、いまのインドネシアで日本軍の捕虜となりました。
講義では「ヨハンの物語」をもとに、父親たち捕虜が長崎の収容所で受けた仕打ちについて語りました。
スクラムさんは、収容所では懲罰が行われ、監視員が捕虜を殴ることもあったことなどを話しました。
高校生たちは、原爆の被害については学んできました。
しかし、日本がオランダと戦った歴史については、初めて聞くことばかりでした。

ヨハンさんがいた捕虜収容所があったのは、長崎市の香焼地区。
当時、捕虜たちは十分な食料や医療が与えられない中、造船所で働かされ、どんどん痩せていったと言います。
70人以上が、終戦前に命を落としました。
戦後、オランダに帰国したヨハンさんは、75歳で亡くなるまで日本に恨みを抱いていました。
「日本人には一度も服従しなかった」と、死の直前にも語っていたと言います。

父親を苦しめた日本に、不信感を抱いていたスクラムさん。
その気持ちを、大きく変える出来事がありました。
4年前、父親がいた捕虜収容所の跡地に、市民の募金によって捕虜を追悼する石碑が建てられたのです。
捕虜と遺族のために石碑を建てようと呼びかけたのは、ことし(2019年)7月に亡くなった、被爆者の井原東洋一さんでした。
スクラムさんは、「井原さんたち、追悼碑の建立に携わった多くの人たちが、私を変えた。オランダ人も日本人も共に、戦争の苦しみを分かち合えたからだ」と話していました。

井原さんは生前、「加害の歴史を無視して被爆は語れない。相手にも伝わらない」と語っていました。
その言葉に、スクラムさんも敵・味方を超えて、戦争の悲惨さを伝えようと考えました。
そこで、スクラムさんが3年間かけてまとめたのが「ヨハンの物語」です。

捕虜収容所のことだけではなく、長崎の原爆の被害についても詳しく書いています。
その一節に、スクラムさんは「戦争の責任がすべての日本人にあるわけではない。日本人の多くは、むしろ被害者なのだ」と書きました。
今回の長崎訪問で、スクラムさんが最後に訪ねたのは、市内の高校の平和学習部でした。
日ごろから被爆者から話を聞き、核兵器廃絶を求める署名活動をしてきた生徒たちからは、次々とスクラムさんへの質問がよせられました。

高校生
「アメリカが落とした原爆についてどう思いますか?」

スクラムさん
「非常に難しい問題です。
原爆は二度と使ってはならないと思います。
しかし、あのとき原爆が投下がなかったら父は戻らず、私も存在していないでしょう。」

高校生
「若い世代は、これからどうやって平和の大切さを伝えていくべきでしょうか?」

スクラムさん
「コミュニケーションが最も大事だと思います。
そして、世界に発信することも重要です。」

講義を通して、スクラムさんは高校生たちに訴えていました。

スクラムさん
「戦争は、私たちみんなにとって悪なのです。
勝者も敗者もありません。
多くの命が失われ、多くの家族が崩壊するだけです。
勝者なんて誰もいません。
それが私の伝えたいことです。」

スクラムさんが日本の高校生に話したのは、今回が初めてでしたが、オランダでは、すでに30回ほど学校を訪問し「ヨハンの物語」の出前授業をしています。

「ヨハンの物語」は日本語版だけではなく、オランダ語版と英語版も作られています。
内容はすべて同じです。
スクラムさんは、どの国の人にも敵味方の関係を超えた戦争の被害を、同じように伝えたいと考えているからです。
スクラムさんの講義に対して、オランダと日本では、若者たちの反応も異なるそうです。
日本の高校生は、初めて知る捕虜の過酷な生活に関心を示していたのに対して、オランダでは、原爆の被害の大きさに関心が集まるということです。
スクラムさんは、「過去から何も学ばなければ、再び戦争がすぐ近くまでやって来る」と話していて、オランダで出前授業を続けると共に、来年(2020年)、また長崎市を訪れて、日本の若者にも話したいということでした。

取材:畠山博幸記者(長崎放送局)

Page Top