これまでの放送

2019年4月2日(火)

新元号 決定 次の時代へ

高瀬
「昨日(1日)、新しい元号が『令和(れいわ』に決まりました。」

和久田
「万葉集から引用したということで、そのゆかりの地となった福岡・太宰府から中継でお伝えします。」

新元号「令和」 ゆかりの地から

佐藤
「福岡県の太宰府天満宮です。
朝の凛とした空気に包まれています。
今日お伝えしたいのは、こちらです。

この石碑が、ここ太宰府と、新元号『令和』とのつながりを示すものなんです。
ここには和歌が刻まれています。
どんな歌かといいますと、“わが園に 梅の花散るひさかたの 天(あめ)より雪の流れくるかも”。
舞い散る梅の花びらが、空から降る雪のようだという歌。
詠んだのは、奈良時代の太宰府の大伴旅人です。

この大伴旅人なくして、新元号『令和』の誕生はなかったかもしれません。
どういうことかといいますと、『令和』は万葉集の梅の花32首の序文からとられました。
その一部がこちらです。

“初春(しょしゅん)の令月(れいげつ)にして 気淑(きよ)く風和(かぜやわら)ぎ 梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き 蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす”。
この“令月”の『令』と“和ぎ”の『和』をとって『令和』となりました。
実は、その梅の花32首とこの序文が詠まれたのが、ここ太宰府にあった大伴旅人の邸宅にあった宴、“梅花(ばいか)の宴”で詠まれたと言われているんです。
ですからこの太宰府は、まさに新元号『令和』の原点とも言えるのではないでしょうか。
その大伴旅人が主催した“梅花の宴”の伝統は、今も受け継がれています。
この太宰府天満宮では、毎年3月の第一日曜日に、梅の花で囲まれた場所で和歌を詠もうという催しが開かれています。

この庭にある木のほとんどが梅の木なんです。
こちらが4年前に開かれた催しです。
咲き誇る梅の木の下で行われ、優雅な雰囲気ですよね。

今日は4月2日ということで、梅の木は葉が出ている状態なのですが、この木をご覧ください。
上の方に、わずかですが白い梅が残っています。
まさに新元号の発表を待っていたかのように、遅咲きの梅が咲いています。

太宰府天満宮の味酒さんにお話を伺います。
新元号の『令和』が、太宰府で生まれた万葉集とゆかりがあるということですが、どう思われますか?」

太宰府天満宮 権宮司 味酒安則さん
「新元号の発表を聞いて、大変驚き、感動しておりました。
太宰府で行われた梅花の宴の序文が、新元号のもとになっているということを知り、大変驚きました。」

佐藤
「これからますます観光客も増えることが予想されますが、訪れた方たちにどんなことを伝えていきたいですか?」

太宰府天満宮 権宮司 味酒安則さん
「太宰府天満宮のご祭神の菅原道真公は学問の神様なのですが、実は平安時代、文章(もんじょう)の博士ということで元号の『勧申(かんじん)』をされていたんです。
ですから、菅原道真公がお考えになった元号もいくつか残っています。
参拝者の方にそうした元号の歴史も学んでいただき、太宰府を楽しんでいただきたいと思います。」

佐藤
「まさに、古今の元号にゆかりのある場所なんですね。」

Page Top