これまでの放送

おはBiz

2021年3月19日(金)

“ロングセラー”に学べ!

半世紀前に発行された「ルワンダ中央銀行総裁日記」。“ウソのような実話”に、なぜ今の若者らが共感?

およそ50年前に発行された「ルワンダ中央銀行総裁日記」(服部正也著)。1960年代のアフリカ・ルワンダを舞台に、経済の立て直しを突然託された日本人の話です。すでに著者は亡くなっていますが、“ウソのような実話”だとして、SNSで「ビジョンを持ち実行力も卓抜」などと若者らの共感を呼んでいます。

46歳で突然 アフリカのルワンダ中央銀行総裁に

本を書いたのは、日銀に勤めていた服部正也さん。46歳だった1965年に、国際通貨基金の要請で、ルワンダ中央銀行の総裁に突然、就任することになりました。

ルワンダでは当時、外国系の金融機関が既得権益を握っていました。こうした金融機関の“白人の経営者”は、服部さんの改革に不満。しかし服部さんは、ピシャリと言い返します。
「私はルワンダの破綻に瀕した財政金融を建直すためにルワンダにきたのだ」
「現状を打破することが必要で、現状是認は私の任務に反する」

20代にも読者層広がる14万部のロングセラー

逆境を跳ね返す服部さんの姿が読者の心をつかみ、書籍は通算29版、およそ14万部に。書店には特設コーナーも設けられています。「丸善」丸の内本店の壹岐直也副店長によると、「20代後半ぐらいから幅広く読者層が広がっている」といいます。

服部さんの義理の息子で、日銀の後輩でもある大西義久さんは、たびたび当時のエピソードを聞いたといいます。今なぜ若者に服部さんの生き方がうけていると思うかを尋ねると、「爽快さ」と大西さん。「財務大臣や経産大臣や国土交通大臣みたいな、いろいろな権限を大統領から付与されて、次々に自分で考え自分で実施していく」姿が、読者の心をつかんでいるのではないかといいます。

現地の人に分け隔てなく入っていく「現場の人」

服部さんは、現地の人々にも全力でぶつかりました。派閥をつくり対立して、仕事をおろそかにしていた現地の行員に訴えかけました。
「この銀行はまったくなっていない」
「私の下にいるからには、早く銀行を立派な中央銀行にすることが君たちの責務なのである」
「私も君たちが新入日本銀行員であると思って鍛えるつもりだ」

こうした服部さんの姿勢を、義理の息子の大西さんは「やはり服部は現場の人」と考えています。「現地の人々に分け隔てなく入っていくという、人間の幅の広さがなければいかんのかな」と語ります。

「新しい別の逆境に立ち向かう」

今を生きる私たちは、服部さんの姿勢から何を学べるのでしょうか。大西さんは「『ここで甘んじていると世の中はそう簡単じゃないぞ』と若者たちに言いたいのではないか。われわれも学んで、新しい、別の逆境に立ち向かっていかなきゃならない」と話しています。

渋沢栄一といい、日本の近現代を経済の面から学ぶのは新鮮ですね!

新しい視点が見えるかもしれませんね。服部さんはその後、世界銀行の副総裁も務めた人です。ルワンダの人を愛する温かい目線も持っていて、そうした姿勢も共感を呼んでいると思います。

関連情報

新着記事

Page Top