これまでの放送

おはBiz

2021年2月16日(火)

“メタネーション”で脱炭素は進むか

二酸化炭素を逆に生かして燃料に変え、排出量を“実質ゼロ“にできる技術とは?

2050年の脱炭素化を掲げた日本。その中で注目されている技術に「メタネーション」があります。二酸化炭素を逆に生かして燃料に変える、その技術とは?

CO2排出が“実質ゼロ”に

【報告:NHK大阪 谷川浩太朗記者】
1月25日に大阪ガスが開いた記者会見。坂梨興企画部長は「脱炭素化技術であるメタネーションを軸とした都市ガス原料の脱炭素化や、再生可能エネルギー導入を軸とした電源の脱炭素化により、2050年に当社グループ事業におけるカーボンニュートラル実現に挑戦する」と述べました。

大阪ガスが脱炭素化の新技術の軸とした「メタネーション」。温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を取り込み、水を分解して取り出した水素(H2)と合成して、メタン(CH4)をつくり出す技術です。

つくり出されたメタンは、都市ガスの原料に使われます。都市ガスを燃やして出る二酸化炭素を相殺できるので、実質ゼロにできるという計画です。

ヨーロッパではすでに一部実用化

メタネーションはヨーロッパなどですでに一部実用化されています。ドイツの大手自動車メーカー、アウディが開発した乗用車は、メタンが主成分の天然ガスを燃料にしています。

アウディは、ドイツ北部にメタネーションの工場を自社で建設。風力発電で電力を得て、水を電気分解して水素を生成し、二酸化炭素と合成してメタンをつくっています。それを都市ガスに使うほか、天然ガス車の燃料として使用し、車社会での脱炭素化を目指しています。

大阪ガス 「2030年ごろ」技術確立目指す

日本では、大阪ガスが長年、メタネーションの技術の研究に取り組んできました。今回「実用化に向けた大きな一歩」だとするポイントがあります。

これまで水から水素を取り出す過程では、特殊なセラミックスを使っていましたが、安価な金属を使うことに成功。国内で初めてコストを9割も削減できるようになったのです。

大阪ガスエネルギー技術研究所の大西久男さんは「金属をベースとしたもので、大型化しやすくコストダウンもしやすい。実用化に向けて一歩進められた」と話しました。

大阪ガスにとって、メタネーションには利点もあると言います。同じくクリーンな水素とは異なり、都市ガスのパイプラインなどの設備をそのまま使えるため、巨額のインフラ投資をしなくても導入できるというのです。

大阪ガスは、メタネーションの技術を25年の大阪・関西万博で活用する計画を明らかにしました。坂梨企画部長は「われわれの技術をこのタイミングでお知らせして、中長期的に脱炭素社会に貢献していく姿勢を見せられたら」と話しました。

既存の設備をそのまま使えるという意味では、水素などより早く実用化できそうな気もしますが。

そうですね。大阪ガスでは30年ごろに技術を確立したいと言っています。ただ、最大の課題はやはりコストです。現状では、都市ガスにした場合7~9倍の価格になってしまいます。開発には日立造船や資源大手のINPEXなども取り組んでいるので、ブレークスルーが起きるのを期待したいと思います。

関連情報

新着記事

Page Top