これまでの放送

おはBiz

2021年2月3日(水)

業界に新風 “フルーツ香る芋焼酎”

本格焼酎の再起のカギは、脱・“芋らしさ”?

芋焼酎などの本格焼酎は一時ブームと言われた時期もありましたが、ここ10年ほど消費量が減少傾向です。そこで鹿児島の蔵元では、あえて“芋らしさを捨てる”という作戦に出ました。

バナナやブドウの香り 実は「熟成」変えた芋焼酎

【報告:NHK鹿児島 小島東洋ディレクター】
バナナのような香りがする芋焼酎に、ブドウの香りを思わせる芋焼酎。ただし、香りづけをしているわけではありません。どちらも原料は芋。製造工程を変えて香りを引き出しました。

いま鹿児島では、果物のような香りがする芋焼酎が次々と発売されています。その一つを開発したのが、創業150年を超える蔵元「濱田酒造」です。社長の濱田雄一郎さんは、焼酎離れが進む状況に一石を投じたいと言います。「新しい飲み口というか、新しい切り口の味わいとか香りとか。素人の方でも違いが分かる。そういうはっきりした特性を持った焼酎がつくれないか」と考えたといいます。

目をつけたのが、人気が高まっている果物の風味のお酒。芋焼酎でもフルーティーな香りを出すことができないか、この蔵元では、焼酎の香りを大きく左右する芋の「熟成」に注目しました。熟成する温度や湿度、期間を100回以上見直したのです。

その結果、完成したのが、ライチのような華やかな香りがする芋焼酎。3年前に発売され、国際的なお酒の品評会で最高賞に選ばれるなど、人気を博しています。

固定観念を捨てて商品開発

熟成方法を変えると芋焼酎の香りが変わることは、職人の間では広く知られていました。しかし、それを商品化しようという発想はなかったといいます。この蔵元の商品開発研究室長の原健二郎さんは「われわれの視点だと、固定観念で『芋焼酎らしくない(香り)』としていたが、全然焼酎の香りを知らない方が『いい香りがする』という。私もそこで発想を変えた」と話します。

カクテルの開発で焼酎との接点を

蔵元では、消費者のすそ野を広げる取り組みも進めています。フルーツの香りの芋焼酎を使ったカクテルの開発です。レシピづくりに協力しているバーテンダーの南雲主于三さんは「非常にユニークでカクテルにも向いている香りがたくさんある。この数年でグローバルに通用する酒にどんどん変わっていくんじゃないか」と話し、海外でも広がる可能性があると言っています。

蔵元では、いろいろな飲み方を提示し、焼酎との接点を増やしていきたいと考えています。濱田社長は「カクテルから入っていって、本体の本格焼酎そのものに市場が開かれていく。こういう手順も必要ではないか」と話しています。

先ほどフルーティーな焼酎の香りをかがせてもらいました。確かに焼酎、でもほのかに甘さを感じました!

カシスやオレンジの香りもあるそうです。芋の香り成分はまだまだ未知の部分があるそうですよ。ただ作り手の皆さんも「芋らしくないのがいい」と言われると、複雑な心境かも。

関連情報

新着記事

Page Top