これまでの放送

おはBiz

2020年7月7日(火)

時価総額でトヨタ超え テスラの“実力”は?

販売台数・利益ともトヨタに及ばないが…なぜ「時価総額世界一」に?

自動車メーカー各社がコロナ禍の苦境にある中、逆に株高を演じてユニークさが際立っているのが、アメリカの電気自動車メーカー、テスラです。テスラは1日、株式の時価総額でトヨタを抜いて、自動車メーカーのトップに躍り出ました。その強さと課題を解剖します。

市場はテスラをどう見るか

テスラが主力の量販車に位置付けている電気自動車「モデル3」は、人気の車種です。これを生産する中国・上海の工場は2019年、わずか12か月で操業開始にこぎつけました。まさに勢いのあるEVメーカーです。

ナカニシ自動車産業リサーチの代表アナリストの中西孝樹さんは、テスラの時価総額世界一について「10年20年という時間軸で見たら『主役が交代する』という言い方は決して間違いではない」と指摘。「テスラのような、昔のビジネスを全くひきずらない、新しいことをどんどんできる自動車メーカーがより有利な戦いができると、いかに市場がそういう評価・見方をしているかを象徴的に表している」としています。

“評価の尺度は、もはやIT企業”

とは言え、テスラとトヨタの実力を比べると、販売台数(2019年)ではトヨタが1074万台に対し、テスラは約36万台。まだ30分の1です。利益を見ても、2兆円超を稼ぐトヨタに対し、テスラは創業以来、赤字続きです。

それでも時価総額でテスラはトヨタを上回りました。これはバブルなのでしょうか。そうではなく、テスラは一般の自動車メーカーとは評価の“ものさし”が違うとの見方があります。

自動車アナリストの中西さんは「テスラのバリエーション・企業価値の評価の尺度は、すでに“IT企業”。アマゾンとかグーグルとか、こういった企業の手法に近づいている」として、「競争力が、ある一点から指数関数的に伸びていく。そういう尺度で株価がついている」と見ています。

どうなる 自動車メーカーの競争

ところで、10年前の10年11月には、トヨタの豊田章男社長とテスラのイーロン・マスクCEOが握手を交わす光景が見られました。この年トヨタは、ベンチャーの一つに過ぎなかったテスラに出資。マスクCEOが来日して、自社のスポーツカーをプレゼントしました。しかし、出資はその後解消され、今はライバルの関係です。

自動車メーカーの競争はこれからどうなっていくのでしょうか。自動車アナリストの中西さんによると、主戦場はやはりEVになるだろうとの見方です。既存の大手自動車メーカーもEVの販売を増やしますが、その分利幅の大きいガソリン車が売れなくなり、利益が失われ、レガシー=過去の財産が、むしろ“重荷”になるとしています。

一方、EV専業のテスラは売れるだけ利益が増え、失うものがありません。明らかに有利だと言います。

テスラが向き合う「100万台の壁」

ただ、当然ながらテスラにも課題があります。例えば、「100万台の壁」をどう乗り越えるかです。中西さんは「ものづくりというのは、やはり規模との戦い。100万・200万台というふうになっていくと、クオリティー(品質)とか、コストコントロール(管理)とか、すべてにおいて問題はどんどん難しくなっていく」と指摘。テスラの今後について「電気自動車を売るという商売に関しては、100万台あたりが大きな次のハードルになるだろうと私は思う。そこをうまく乗り越えられるかどうか」と話しました。

勝負はこれからまだまだ分からない、ということなんですか?

そうですね。ちなみに週明けの市場は、トヨタの株が小幅高、テスラは大幅続伸でまたしても最高値を更新しました。両社の時価総額レースに今後も注目です。

関連情報

新着記事

新着ブログ

Page Top