2018年12月18日 (火)自分のことと思ってもらいたい!


リポーターの高橋康輔です。

takahashi2018.jpg

先日、5年前まで勤務していたこの場所に出張してきました。
この時期は、こんな景色。

20181218_takahashi_01.jpg
(新幹線の車窓から)

左の犬の足元にヒントが

20181218_takahashi_02.jpg
(駅の改札前にて)

横断幕に答えが見えちゃってますが、
大きな秋田犬が出迎えてくれた「秋田」です。

ここ数年、全国で大規模な災害が続いています。
秋田でも台風の直撃を受けるなど、被害がでています。

広い範囲で、複数の場所で同時に災害が起きたとき、
マスコミは、どんな情報を、どう伝えたらよいのか。
NHKは、いまこの課題に真剣に取り組んでいます。

そのヒントは、放送内容を「我がことと感じてもらえるかどうか」。

自分の地域が、危ないのかも。自分が、逃げなきゃいけない!
その気づきの「確かなきっかけ」になりたい。

こんな思いで、東京と地域局のアナウンサーが協力して、
地域の「防災・減災」に取り組むことになりました。

わたしも秋田放送局に7年いた経験をフル活用し、
秋田の皆さんの心に響く放送は何なのか。秋田の皆さんと一緒に考え続けます。

20181218_takahashi_03.jpg
         秋田のメンバー
(左から:秋田局・塚原泰介副部長・宮﨑慶太アナウンサー、
 元「おはようリポーター」で土日ニュース担当の赤松俊理アナウンサー、
 高橋、秋田局・増田卓アナウンサー)

投稿時間:19:00

ページの一番上へ▲