2019年6月

高血圧、気をつけましょう!


リポーターの大沢幸広です。

osawa2019.jpg

6月上旬、「高血圧」をテーマに取材をしました。
番組でご紹介したポイントのおさらいです。

20190628_osawa_01.jpg

高血圧の改善には
・減塩(日本高血圧学会は1日6g未満を推奨)
・食事の改善(野菜を多く食べる、など)
・運動 が肝心。もちろん、予防にもこうした意識は大切ですね。

これまで高血圧と診断された事もなく、完全に他人事だと思っていましたが
改めて我が身を振り返ると・・

20190628_osawa_02.jpg

「減塩」→最大の課題。塩辛いモノが大好きなのです。取材させて頂いた方と同様、
     私もスーパーやコンビニで手に取った食品の食塩含有量をじっくり見るように
     なりましたが・・・うーん、大変そうです。

20190628_osawa_03.jpg

「食事の改善」→昼食でも意識して野菜の小鉢やサラダを食べています。が、
        ドレッシングのかけ過ぎや、味付けが濃いと逆効果ですかね?

20190628_osawa_04.jpg

「運動」→かれこれ10年ほど、スキマ時間のウオーキングが趣味です。ちなみに直近では
     スマホアプリの記録によると6月1日~20日の間に100キロ以上歩きました。
     ただ、距離やペースはその日の気分次第なので運動効果のほどは不明です。

こうしてみると、あまり良い要素がないような・・これはまずい。
私も来年にはいよいよ40代!気を引き締めねば。
高血圧は脳卒中や心臓病を引き起こす大きな要因とも言われています。
皆さんも気をつけましょうね!

20190628_osawa_05.jpg

投稿時間:12:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

雷と暑さの季節


気象キャスターの檜山靖洋です。

hiyama2019.jpg

関東など太平洋側の地方は、
これから夏にかけて、雷が鳴ることが多くなります。

20190625_hiyama_01.jpg

写真とコメントは関係ありま、、、、、す!

私がおやつに食べたのはエクレア。
エクレアはフランス語で、意味は「稲妻」です。
なぜ、このお菓子にエクレア(稲妻)という名前がついているのか、
諸説あるようなので、ここでは割愛させて頂きます。
雷シーズンの到来、注意が必要です。

雷とともに、暑さにも注意が必要な季節になります。
ちなみに、フランス語で「暑い」は「chaud(ショ)」といいます。
日本語は「暑」、フランス語は「ショ」。
日本語もフランス語も いっ“しょ” ですね。

真夏に向けた熱中症対策としては、
良い汗をかく練習をしておくことが大切です。
以前、取材したところ、一日30分程度、軽く汗をかく運動を
週に3、4回行い、それを2、3週間続けると、
熱中症になりにくい体が出来上がるそうです。

20190625_hiyama_02.jpg

ということで、
汗をかく運動を始めました。

体幹も鍛えています。

20190625_hiyama_03.jpg

暑さを的確に伝えるため、
温度計を持ち歩き、街中の気温がどれくらいなのか計り、
体感温度が正しいかどうかの確認もしています。

“体感”も鍛えています!

投稿時間:12:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

大きな歓声の中で


こんにちは!平日5時台を担当しています、保里小百合です。

hori2019.jpg

前回のブログで、この春から「パラ×ドキッ!」という番組を担当していることをお伝えしましたが、時折アナウンサーの有志で集まってパラスポーツの取材をしています。

先日は、千葉に行ってきました。
取材したのは…

20190621_hori_01.jpg

「シッティングバレーボール」というパラスポーツです!
その名の通り、座った状態で行うバレーボールで、6人制バレーボールの半分以下の大きさのコートで繰り広げられます。
会場で試合を観戦したのは初めてでしたが、そのスピードの速さやチームの一体感はとても見応えがありました。

20190621_hori_02.jpg

会場は、地元の学校の生徒たちなど、たくさんの観客で賑わっていました!
今回の試合後の取材では、「こんなに大きな歓声の中で試合をしたのは初めて」という話がありました。

これまでに勤務した高松局や福岡局でパラアスリートを取材してパラスポーツに出会い、現在は「パラ×ドキッ!」MCとしてパラアスリートの魅力をお伝えしている私は、試合の会場が観客で埋まって盛り上がっている光景を見ると胸が高鳴ります。
パラアスリートのみなさんがこうした試合をどんどん積み重ねて、万全の状態で2020年の東京パラリンピックを迎えてほしいと思います。

会場で観戦してみると、いつもあっと驚く発見があるんです。
ぜひ、応援に行ってみてくださいね!

20190621_hori_03.jpg

試合後、一緒に取材した一人、同期の赤木 野々花アナウンサーと撮りました。
シッティングバレーボールの魅力を垣間見ることができた、有意義な時間でした。

「パラ×ドキッ!」次回は6月23日(日)の放送です!
午前2時05分~午前2時55分(総合テレビ)で、パワーリフティングの樋口健太郎選手
午後5時00分~午後5時50分(BS1)で、テコンドーの伊藤力選手が登場します。

伊藤力選手の回ではロケにも参加したのですが、ハプニングの連続でした…(笑)
「おはよう日本」とあわせて、ぜひご覧ください!

投稿時間:12:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

母校にて


リポーターの芳川隆一です。

yoshikawa2019.jpg

先日、久しぶりに訪ねた場所がありました。

20190618_yoshikawa_01.jpg

私の母校、群馬県立高崎高校です。
卒業から約20年、どうして訪ねたのかと言うと…。

20190618_yoshikawa_02.jpg

創立122年の記念講演会の講師として呼んでいただいたのです!
全校生徒約900人とその保護者、さらにOBの皆さんなど、総勢1000人を超える会場で、私は高校時代の思い出や、NHKアナウンサーとしての仕事についてお話しました。

母校・高崎高校は写真の通り男子校で、今も当時も、元気のよい生徒がたくさん。
この日も、熱心に私の話に耳を傾けてくれ、終了後にはたくさん質問もしてくれました。

私を呼んでくださったのが…。

20190618_yoshikawa_03.jpg

加藤校長先生です。
実は加藤先生は、私が高校2年生、3年生の時の英語の担当で、とても怖い…いや、愛のある厳しい先生でした(笑)。

その先生に講演会の講師として呼んでもらえて、ちょっと緊張気味の私。
なお、加藤先生は、「おはよう日本」を毎朝、見てくださっているそうです。
ありがとうございます!
私が出演する際は、高校時代と同じ、厳しくも愛のあるご指摘を引き続きお願いいたします!!

20190618_yoshikawa_04.jpg

講演会終了後、高崎高校オリジナルのTシャツをいただきました。
それを着て、後輩達と記念の1枚。私の話が、少しでも彼らの心に残れば嬉しいです。
高崎高校の皆さん、大変貴重な機会をありがとうございました!

投稿時間:12:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

今さらですが・・・汗  年越しならぬ「時代越し」


4時台・5時台を担当している利根川真也です。

tonegawa2019.jpg

おはよう日本での仕事もあっという間に2か月が経過。
なんとか慣れてきたところですが、まだまだ四苦八苦しているわたくし・・・。
引き続き、よろしくお願いいたします。

その間にあった大きな出来事と言えば「平成→令和の時代越し」ですよね!?
ちょっと前の話になってしまいますが、皆さんはどのようにお過ごしでしたか?

私は平成最後の日、出雲の神様に平成時代の感謝のご挨拶をと思い、出かけてきました。
出雲まで行ければよかったんですが、実は、気軽に参拝できるんです。
あるんですよ、東京・六本木に「出雲大社 東京分祠」が!!

20190614_tonegawa_01.jpg

というのも、私にとって出雲大社はとても大切な場所なんです。

かなり前の話をさらに重ねますが・・・
私は松江放送局に2011年~2015年の4年間勤務しました。
ちょうど、その頃は、約60年に一度、
境内の20棟あまりの社などの大規模な改修工事を行う
「出雲大社 平成の大遷宮」のときでした。

家族や友人が訪れれば必ず案内しましたし、
本殿の大屋根の改修工事の状況を取材するなど、
4年間で何十回と数えきれないほど足を運びました。

20190614_tonegawa_02.jpg

20190614_tonegawa_03.jpg

(工事中、本殿はこのように周りから見えない状況に。)

20190614_tonegawa_04.jpg

20190614_tonegawa_05.jpg

(徐々に完成へと近づく本殿を観察するのも楽しかったです。)


また、遷宮のクライマックスである2013年5月10日「本殿遷座祭」に向けて
(改修工事の間、神様がお住まいになっていた「仮殿」から、
 本殿へとお戻りになる最も重要な神事)
出雲大社はもちろん、門前町が大きく変わっていく様を目の当たりにしました。

20190614_tonegawa_06.jpg

(この写真は2011年春に撮影。リニューアル前の神門通りです。
 今や道路は石畳になり、通り沿いのお店もかなり変わりました。)

このときも、ある意味、出雲の時代の変わり目だったと思います。

だからこそ、出雲大社の平成最後の日の御朱印を頂戴し、
令和の時代もお力添えいただきますよう、お願いした次第です。

20190614_tonegawa_07.jpg

(ちなみに、御朱印集めも私の趣味の一つなのです。)

改めまして、皆々様、令和もどうぞよろしくお願いいたします!!

投稿時間:12:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

勝って流れる涙


こんにちは!
平日のスポーツ担当、武本大樹です。

takemoto2019.jpg

皆さん、お元気ですか?

先日、近所の川沿いをランニングしていた時に
「武本さん!いつもおはよう日本見ていますよ」と、声をかけていただきました。
番組を担当するようになってわずか2か月あまりですが、
このような声をかけてくださり、本当にありがたく思いました。
皆さんに楽しんでいただけるようなスポーツコーナーを作っていきますので、
これからもよろしくお願いします。

平日のスポーツコーナーは、先輩の豊原アナウンサーと隔週で担当しています。
よく聞かれるのが、
「おはよう日本に出ていない週は何をしているんですか?」ということ。
私も豊原アナウンサーも、
プロ野球を主戦場にスポーツ中継の仕事にも携わっているんです。

最近のスポーツ中継の仕事で印象に残ったのが、先月の体操NHK杯です。
東京オリンピックでの活躍が期待される体操ニッポン。
この大会は秋に行われる世界選手権の代表が決まる大会でした。

男子で優勝したのが、谷川翔選手。
20歳での初優勝でした。
優勝が決まった瞬間の気持ちを聞いた時の様子です。

20190611_takemoto_01.jpg

「今日1日が本当に怖かった」と話し始めました。
競技中もカメラに向かってパフォーマンスを見せる、
お茶目な谷川翔選手の姿からは想像できなかった涙でした。
計り知れないほどの大きな重圧。
それを乗り越えた達成感が頬をつたったのだと思います。
隣は2位だった兄の谷川航選手。兄弟での日本代表も決めました。
10月の世界選手権がとても楽しみです。

東京オリンピック、パラリンピックまでまもなく1年です。
全員がそうならないことが勝負の世界ですが、
「勝って流れる涙」をたくさん見たいと思います。
これからもアスリートの皆さんの素直な表情や言葉を引き出せるよう、
私たちも精進していきます。

投稿時間:12:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

ついに「宇宙人」の姿が...明らかに?!


和久田麻由子です。

wakuda2019.jpg

赤い光に包まれた、ふしぎな空間…。
変わった形をした木も生えています。
わたしたちの地球とは違う星のよう…  みなさん、ここ、どこだと思いますか??

20190607_wakuda_01.jpg

実は、最新の研究結果から科学者たちが導き出した、
「宇宙人の星」なのです!

20190607_wakuda_02.jpg

この「宇宙人の星」を再現したスタジオで、
先日、NHKスペシャル「スペース・スペクタクル」の収録を行いました!
最新科学をもとに“驚きに満ちた宇宙の姿”、
そして“宇宙と私たち生命の知られざる絆”を描きます。

20190607_wakuda_03.jpg

こちらはリハーサルの様子。
地球から遠く離れた奇妙な星に、本当に降り立っているかのような気分でした。

20190607_wakuda_04.jpg

私たちの背後には、滝が流れ落ちています。
「宇宙人の星」にも、地球と同じように「水」があるのでしょうか?!

20190607_wakuda_05.jpg

あれ…??
木のかげから、こちらを見ているのは…?!
もしかして、、、あれが「宇宙人」なのでしょうか?!

果たして、科学者たちが考える「宇宙人」とは、どんな姿をしているのか?
そして、「宇宙人の星」に赤い世界が広がっているのは、なぜなのか?
この広い宇宙のどこに、その星があるのか?

番組では、最新研究をもとに、驚きの宇宙の姿を明らかにします!!

6月23日(日)午後9時~
NHKスペシャル『スペース・スペクタクル』 第1集「宇宙人の星を見つけ出せ」
ぜひご覧ください!!

投稿時間:12:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

日暈(ひがさ・にちうん)


土・日の気象情報を担当している南利幸です。

minami2019.jpg

5月27日、太陽の周りに出ている光の輪を見つけました。

20190604_minami_01.jpg

撮影した場所は和歌山と淡路島の間の紀淡海峡、
和歌山市加太から船で30分ほど沖に出た所です。
見えている島は友が島。時刻は午前5時30分ごろです。
太陽の周りの輪が「日暈(ひがさ・にちうん)」です。
この「日暈」の上部で明るく光っている部分がありますが、
これは「上部タンジェントアーク」と呼ばれるものです。

日暈はその後も出続けて、

20190604_minami_02.jpg

9時半ごろにも見られました。

この日の雲は、巻層雲が主体でした。
巻層雲は小さな氷の粒で出来ています。
氷の粒がプリズムとなり、光を屈折させて日暈ができるのです。

昔からのことわざで「日暈がでると雨」というものがあります。
巻層雲は低気圧や前線の進行方向の前面に現れることが多く、
翌日に雨が降ることがよくあります。
この時もことわざ通り、翌日の28日は前線の通過に伴い雨が降りました。

では一句、「太陽が かさをかぶれば 傘を持て」

投稿時間:12:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

ページの一番上へ▲