2017年7月21日

夏が来ると...。


リポーターの廣田直敬です。

hirota.jpg

0721_hirota_11.jpg
<空飛ぶペンギン!>

7月14日(金)の「おはよう日本」の中継コーナー‘気になるLIVE’で、東京・池袋のビルの屋上にある水族館から、空飛ぶペンギン、をお伝えしました。
幅12mの水槽の背景は本物のビルからの風景。確かに、ペンギンが空を飛んでいるように見えて、夏の暑さを一瞬忘れました。

0721_hirota_12.jpg
<まさに滑空…>

お客さんは写真を撮り、SNSに上げます。オープン3日目にして、「子供が興奮していた」「感動した」などのメッセージも数多く見られました。夏休みには親子連れでにぎわいそうです。

0721_hirota_03.jpg
<環境>

 水族館、動物園の最近の展示の特徴として、「SNS映えする写真」を撮ってもらい、その後「知られざる生き物の生態」を知ってもらう、という発信の仕方が広がっているそうです。空飛ぶペンギンに興奮した後、すぐ脇には草原の草むらで日陰に集まる、南アフリカに生息するケープペンギンの姿も見られました。

0721_hirota_04.jpg
<桜島の噴火>

ここからは、私が夏になると思い出すもの。前任地の鹿児島で、夏に見る桜島の噴火の煙。どの季節でも噴火はしますが、強烈に印象に残っているのは、夏の高校野球の試合が中断したことです。テレビで放送があったのですが、「ただいま降灰のため試合が中断しています」というスーパーを生まれて初めて見たときは驚きました。

0721_hirota_05.jpg
<鹿児島では日常>

0721_hirota_06.jpg
<小針画伯、桜島を描く>

さて、強引に桜島つながりで、このイラスト。「生さだ」でおなじみの小針画伯が桜島を描いたときも、煙を書き入れていました。イラスト製作中に横で見ていると、細かいところの書き方を全部説明しながら書いてくださいます。サービス精神のかたまりのような方です。

0721_hirota_07.jpg
<細かい作業>

 フェリーボートの後ろの軌跡は、錦江湾の青をしっかり塗った後で、少しずつふき取るようにして描いていきます。細かい手作業が続きます。

0721_hirota_08.jpg
<8月いっぱい公開中>

 NHK鹿児島放送局の1階ロビーで、8月いっぱい(土、祝日は休み)公開中です。

0721_hirota_09.jpg
<あっちは暑そう…>

 調子に乗ってもう一つ、夏の時期に濃い木陰から見える海も好きです。強い日差しが真上から降りてきて、木の葉の影がとても濃くて、海から風が吹いていて…。

0721_hirota_10.jpg
<燃えるような赤>

 ふと横を見ると、ハイビスカスの赤。あ~今年こそは海に行きたい、と毎年、梅雨が明けるころになると同じ連想をしています。

 皆様、よい夏をお迎え下さい。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

ページの一番上へ▲