2016年12月20日

"世界一早い"日の出は!?


国内だけではなく、海外からも中継を結んで放送することもあるゆく年くる年。

2000年、ミレニアムイヤーには、「世界一早い初日の出」を放送すべく、

日付変更線に一番近い、南太平洋・ミレニアム島から中継をすることに!

millenium1.png

ミレニアム島は無人島ですが、新世紀を祝って、

島が属するキリバス共和国の方々が

海を渡って、「初日の出を祝うダンス」を披露する、

という話が舞い込んできたのです。

milleniumu5.jpg

そこで駆り出されたのが、Yディレクター(当時・写真右から2人目)。

当時の思い出を聞くと、

「とにかく大変だった・・・」とのこと。

現地へ向かったのは、ディレクター・アナウンサー・技術スタッフ2名の超コンパクト体制。

12月20日にハワイへ飛び、翌日、キリバス共和国のクリスマス島へ飛び、

なんと、25日から5日間かけて、船(おんぼろ貨物船!)でミレニアム島へ。

milleniumu6.jpg

NHKクルーは機材とともに甲板で5日間、寝起き。

海が荒れれば、夜寝ていても波をかぶる始末。

同じく中継クルーを送り込んだイギリス・BBCのキャスター夫妻だけには

船室が割り当てられていたとか。

唯一の救いは、甲板からトビウオの長距離飛行が見えたことと、

イルカの伴走と、マンタが一瞬見えたことだったそうです。

 

なんとか現地に到着し、中継準備を時間との闘いの中で整え、いざ、本番。

millenium2.png

milleniumu3.png

キリバスの方々の「新年を祝うダンス」もほぼぶっつけ本番で放送し、

そして肝心の元旦の夜明けは・・・

(現地は午前5時。東京は0時を過ぎたところ)

水平線に雲がある、南国にありがちな天気。

millenium4.png 

残念ながら、水平線から昇る太陽は見えませんでした・・・。

雲の切れ目から日の光が差し、そして、ゆく年くる年が終わったあと、

ようやく、お日様が顔を出したそうです・・・。

 

そして、帰路についたYディレクター一行。

ようやく日本に戻ってきたのは1月10日。

番組に関わった他のメンバーはみんな、

とっくにお正月休みも明けていたそうです!

 

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:ゆく年くる年 | 固定リンク

ページの一番上へ▲