2016年12月14日

風が強い日 2


黒田信哉です。
風が強い日だった。
早めに仕事が終わった日、
着替えて外を見ると雲ひとつない青空が広がっていた。
このまままっすぐ帰るのがもったいない気がした。
歩いてどこまで行けるか試してみた。
渋谷を出て、いくつもの駅を通り過ぎた。
普段は電車の車窓からしか見たことのない街を歩き、
住宅地を抜け、いくつもの小さな川を渡った。

ohayou20161214_1_1.jpg
 
風は強かったが、歩くうちに少し汗が出てきた。
コートを脱ぎ、小脇に抱えた。
風は横から吹くときも、前から吹くときもあった。
冷たい風が火照った体に心地よかった。
時折、髪の乱れを直した。

さすがに自宅までは歩いて帰れず、途中で電車に乗った。
それでも達成感があった。
自然に笑みが出てきた。
電車の乗客も笑ってくれたようにみえた。
最寄駅からは再び歩いた。
学校帰りの子供たちが笑いながら通り過ぎていく。

自宅近くの店に寄った。顔見知りの店員が苦笑いで迎えてくれた。
「黒田さん、ジャケットが…」
みんなが笑っていた理由が分かった。

ohayou20161214_1_2.jpg
 
風の強い日だった。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

ページの一番上へ▲