2016年12月 5日

ゆく年くる年 「こんな伝統」も!?


今年61回目を迎える「ゆく年くる年」。番組制作スタッフにもある伝統が受け継がれています。

 

先週、今年のメインディレクターを、去年番組を担当したディレクターが訪ねてきました。

手に携えていたのは・・・

16-12-02-19-43-49-208_photo.jpg

 こちら!

(左が今年メインを担当するTディレクター 右が去年担当したTディレクター。

あ、二人ともTでした…)

 

箱を開けると・・・

16-12-02-19-45-03-061_photo.jpg

 こちら!

 番組にちなんで、毎年このお酒が、担当ディレクターに差し入れされているんです。

 いつから始まったか、定かではありませんが…。

 

もちろん、番組が無事放送を終えるまで、大事に取っておきます。

 

放送まで26日!

全国10箇所以上を結んでお送りするゆく年くる年。

放送後においしいお酒が飲めるよう、頑張ります!

投稿時間:20:00 |  カテゴリ:ゆく年くる年 | 固定リンク

12月7日のチェック!エンタメは・・・!


芳川隆一です。
毎週水曜日のコーナー「チェック!エンタメ」のロケで、
先日、英国人歌手のスティングさんにお会いしました。
ロックバンド「ポリス」を結成し、
「見つめていたい(Every Breath You Take)」など
大ヒット曲を生みだしてきたスティングさん。
先月“13年ぶりのロックアルバム”を発表し、
プロモーションのために来日しました。

ohayou20161202_2_1.jpg

なにしろ、これまでにグラミー賞を17回受賞し、
アルバム総売上枚数はなんと1億枚という世界的なアーティストですから、
そりゃーもう緊張しました(笑)!が、とにかくインタビュースタート。

最新アルバムには、難民問題や環境問題など、
社会的な課題をテーマにした曲が収録されています。
アフリカや中東からヨーロッパを目指す人々をテーマにした「インシャラ」では、
地中海を難民船に乗ってやってくる親子のことが歌詞に出てきます。
スティングさんは、
「世界中の様々な立場にある人の視点に立って曲を作ることが大切だ」と話してくれました。
これまでも、ブラジルの熱帯雨林保護活動のための基金を創設したり、
人権団体への支援活動に積極的に携わるなどしてきたスティングさん。
「音楽は人を楽しませるものであり、
教育する(educate)するものでもある」と語る姿は、
さすが“元小学校の先生”だな~と、
お話を伺っていて思わず背筋が伸びる思いでした。
と同時に、「楽しくなければ人には伝わらないから、
音楽は人を楽しませるものでなくちゃ」とも語るその口調からは、
世界を代表するエンターテイナーの貫録を感じました。

スティングさんへのインタビューは、
12月7日(水)放送の「チェック!エンタメ」で放送します。
ポリス時代やソロになってからの名曲の一部分もお送りする予定です。
どうぞご覧ください!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

ページの一番上へ▲