2015年10月 5日

虹!


リポーターの長野亮です。
リポーターの最も重要な業務。
それは現場に行って取材をし、その場所の「今」を伝えることです。

先日立て続けに起きた、台風や大雨の被害の現場に行き、
中継リポートをしてきました。

夜中に出て、朝のおはよう日本で伝える。
被害は?
雨の降り方は?
交通機関はどうなっているか?

取材をし、マイクを握っているときは、
緊張感や切迫感に追われ、あっという間に時間が過ぎていきます。
その時にはあまり気にならないものの、
引き上げたあと、どっと疲れが出るのです。

未明から取材、中継をし、夕方帰り着いた家。
ベランダから家族の大きな声が!
「虹!虹が出てる!」



大きな虹がくっきり出ているではありませんか。
写真では伝わりづらいのですが、
大空に架けるすさまじいスケール感の虹でした。

しかも。



二重に虹が出てきました。
疲れて帰ってきたのですが、気持が一気にはればれとします。

しばらく見ていると、虹の光が力強く、太く変わってきました。



40数年間生きてきた中で、
こんなにダイナミックな虹を見たのは初めてです。
幻想的な夕暮れの空から、
何か神々しいものが降りてきそうな気がしました。

この写真の時をピークに徐々に虹は消えて行きました。
時間にして20分ぐらいでしょうか、
虹のショーが終わるころには、祈るような気持ちになっていました。

二重の虹は幸運の兆しとも言われています。

大雨で大変な思いされた方々に少しでもいいことがありますように。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

ページの一番上へ▲