2015年8月20日

「小さな旅」で大冒険!!


こんにちは!
リポーターの長野亮です。

今回も、旅した場所をご紹介します。
といっても、仕事で訪れたわけですので「旅」というには微妙ですけれども。

番組は、日曜午前8時から放送している「小さな旅」です。
これまで私が担当したことはありませんが、
登山ということで体力がありそうな長野に話が来たのかなと、
勝手に想像しております。

訪れたのは新潟県の八海山という山。
標高は1778mで、修験道などの修行の山道で知られるところだそうです。
その恵みは、米どころとして知られる南魚沼の田んぼをうるおし、
日本酒製造を左右する豊富な水をもたらしているという、まさに霊山というべき山なのです。



写真は、南魚沼に広がる田んぼ。向こうで雲にかかっている山が、目指す八海山です。

ロケは5泊6日。麓に2泊して田んぼや街並み~登山の序盤戦を撮影。
2日目には4合目(1150mほど)まで、登って
ロープウェイで(そこまで歩く人はあまりいないようですが)一回降りてきて、
3日目に再挑戦です。



ロケの期間は7月下旬~8月ということで暑さも極限でした。
写真は、私の腕の汗!!
水分補給は欠かせませんでしたが、おそらく1日5リットル以上は飲んでいたはずです。
山中に湧きだす自然の水のありがたさと美味しさに感謝しつつロケが進みました。



4合目にロープウェイ駅~9合目に宿泊拠点となる山小屋があります。
上の写真は7~8合目ぐらいのかなり険しい登山道です。
これまで仕事でしか登山をしていない私にとっては、なかなかハードな道のりでした。
ちなみにこれまで、富士山、石鎚山(愛媛)、冬の西穂高(岐阜)に行ったことがありますが、
結論から言うと、これまでで最も低い八海山が一番ハードでした。



こちらは、9合目の山小屋から見ることができた、雲海に沈む夕日です。
天気によっては、本当に素晴らしい景色を楽しむことができました。



山小屋には3日間泊まりこみ、天気を相談して山頂への道のりをロケします。
写真は9合目以降、山頂を目指すルートが映っていますが、山頂はさらにこの先。
見てわかるように、かなり険しい岩場の連続で、登山上級者でも緊張を強いられますので、
安全の確保のために、天気が悪いと行くことができないのです。

5~6日目に山頂へアタックしました。



このようにして、危険な個所ではハーネスで安全を確保。
いかに体力に自信があっても、登山初心者の私としてはぎりぎりの緊張感です。
山頂付近からの眺めは絶景なのですが、足場の悪い場所から見下ろすと、
恐怖感を増進させる逆効果しか生み出さないことを知りました。



そして、ついに山頂!
達成感というより、緊張の糸が切れてこんな表情になっております。

番組は「小さな旅」ですが、大きな経験をいただきました!
放送は8月30日、午前8時からです。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

ページの一番上へ▲