2014年12月22日

15年


気象キャスターの檜山靖洋です。

15年前、1999年
映画、鉄道員(ぽっぽや)が公開された年。
松坂大輔投手がプロ入りした年。
その年から私は気象の仕事に携わっています。
12月で気象の仕事を始めてから15年となります。
 
先日、原点を見つめなおそうと思い、
最初に勤めた気象会社があった場所へ行ってきました。
その会社は、東京港区の愛宕山の近くにありました。



会社に入ったばかりのころ、もうひとりの同期と一緒に、
お昼休みにお弁当を買って、ここで食べながら、
これから夜勤ばっかりで、大変なところに入っちゃったなあなんて
言っていたのを思い出します。
 




出世の石段を当時は登ることはなく、頂上を見上げるだけでした。
15年経ったいま、
15年間を踏みしめるように一歩一歩、この石段を登ってみました。
 
こんな角度です!



登りきって下を見ると、転げ落ちそうです。


 
ちなみにここ愛宕山は、
標高25.7メートル
自然にできた山としては、東京23区内最高峰と言われています。



そんな23区内最高峰の山も、今では虎ノ門ヒルズに見下ろされています。
 
気象業界16年目は、”23区内最高峰”に登ってスタートです!・・・
 
目標低い?

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

ページの一番上へ▲