2014年12月 8日

岩手県・釜石


土日スポーツの筒井亮太郎です。
10月下旬、休日を利用して岩手県の釜石市に行ってきました!
この日は、快晴!良い天気です!



訪ねた理由は、以前ブログにも書きましたが、
3年半前の震災報道でお世話になった方々がこの町にいらっしゃるからです。



その一人、丸木ご夫妻です。
丸木さんご夫妻は、釜石の老舗商店を営んできました。
ご主人の丸木宏之さんは、商店の7代目。
この店の創業は、幕末にまで遡ります。
200年近くに渡り、代々営んできたそうです。

その店が、10月いっぱいで閉店になるということで、釜石を訪れました。

丸木さんの店は、以前は海沿いにあり、大津波で店舗兼自宅が全壊。
震災から半年後、仮設住宅が並ぶ敷地内で
“仮設店舗”として営業を再開させました。

実は、私は、その仮設店舗のオープン初日に、
丸木さんの“新たな一歩”として震災中継の仕事で初めて店を訪れました。
あれから3年。
色々な事情があり、丸木さんは『ご先祖様に申し訳ない』と言いながら、
閉店を決意しました。

私が訪れた日は10月30日。
代々付き合いがあったという馴染のお客さんが多く訪れ、
閉店を惜しむ声が聞かれました。



復興が徐々に進む一方で、長年営んできた店をたたむ方もいる。
忘れてはなりません。
丸木さん、長い間、お疲れ様でした。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

ページの一番上へ▲